2020年03月19日 08時00分 公開
特集/連載

NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」新アプローチのストレージクラスメモリ

Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
iStock.com/AndreyCherkasov

 2019年12月、Formulus Blackの「Forsa」がバージョン3.1にアップグレードした。これにより、同社は永続メモリ製品に幅広いサポートを追加し、サーバのメモリをブロックアクセスストレージに転用可能にした。

 Forsaは、ソフトウェアとして事前構成済みのサーバハードウェアまたはクラウドに提供される。Forsaによってサーバに搭載されているメモリの一部を切り出し、これをブロックストレージとして使うことができる。その結果、メモリに近い速度でアプリケーションのデータセットにアクセスできる。

 この製品は、ストレージクラスメモリ(SCM)の分野でその役割を果たす。SCMには、キャッシュ/メモリと大容量ストレージの間にストレージ層を提供する狙いがある。

 Formulus BlackでCOO(最高執行責任者)を務めるジン・シェイ氏によると、この製品はストレージのような容量を備えたインメモリストレージを手頃なコストで提供することが目的だという。

 リアルタイムかそれに近い速度で処理する必要があるデータは約30%ある。そのため需要はあると同氏は述べる。

 Forsaは複数のDIMMソケットやCPUソケットにまたがるブロックアクセスストレージのプールとしてサーバのメモリをプロビジョニングできるようにする。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。