2020年03月19日 08時00分 公開
特集/連載

NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」新アプローチのストレージクラスメモリ

Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
iStock.com/AndreyCherkasov

 2019年12月、Formulus Blackの「Forsa」がバージョン3.1にアップグレードした。これにより、同社は永続メモリ製品に幅広いサポートを追加し、サーバのメモリをブロックアクセスストレージに転用可能にした。

 Forsaは、ソフトウェアとして事前構成済みのサーバハードウェアまたはクラウドに提供される。Forsaによってサーバに搭載されているメモリの一部を切り出し、これをブロックストレージとして使うことができる。その結果、メモリに近い速度でアプリケーションのデータセットにアクセスできる。

 この製品は、ストレージクラスメモリ(SCM)の分野でその役割を果たす。SCMには、キャッシュ/メモリと大容量ストレージの間にストレージ層を提供する狙いがある。

 Formulus BlackでCOO(最高執行責任者)を務めるジン・シェイ氏によると、この製品はストレージのような容量を備えたインメモリストレージを手頃なコストで提供することが目的だという。

 リアルタイムかそれに近い速度で処理する必要があるデータは約30%ある。そのため需要はあると同氏は述べる。

 Forsaは複数のDIMMソケットやCPUソケットにまたがるブロックアクセスストレージのプールとしてサーバのメモリをプロビジョニングできるようにする。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...