2020年10月27日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドベースのデスクトップ(DaaS)に円滑に移行する方法クラウドステージング戦略のススメ

新型コロナウイルス感染症対策としてDaaSを検討する企業は多いが、移行には課題も多い。従業員の反発を招くことなく円滑に移行するためには、クラウドステージングという戦略が有効だ。

[Jason E. Smith,Computer Weekly]
iStock.com/scanrail

 多くの企業が「どうすればユーザーをクラウドベースのデスクトップに移行できるか」という疑問を抱えている。事実「どのようなユーザーがクラウドベースのデスクトップに最適か」が最初の現実的な疑問になる。

 「クラウドステージング」という戦略がある。これは最新のクラウド技術を利用可能にして、デスクトップを新しいDaaSに簡単に切り替えられるようにしようというものだ。一元管理型のストレージが成熟しているため、AWS、Microsoft、Googleなどの大手プロバイダーを利用して物理デスクトップの移行をかなりシームレスに行えるようになっている。

 新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降、在宅勤務の準備が整っていない状況や、リモートワークプラットフォームを提供する準備が整っていない状況を数多く目にしている。クラウドステージングはこの準備不足の状況を回避できる可能性がある。クラウドステージングは、ユーザーの生産性を中断することなくオンプレミスのデスクトップからクラウドベースのデスクトップへの「切り替え」を可能にする。

 ユーザーの目から見て「クラウドへの切り替えの準備ができている」という状況には、IT部門が認識すべき3つの課題がある。

  • アプリケーションのステージング

現在使っているアプリケーションを見つけ、それをクラウドで提供する。

  • ユーザー環境のステージング

ユーザーのプロファイルとポリシーを集めて、ユーザーにダウンタイムなく提供する準備を整える。

  • ユーザーが作成したデータのステージング

ミッションクリティカルなデータを置き去りにしないようにする。

 ここからは各ステップで必要な作業を詳しく見ていこう。

 そのためには、現在使っているアプリケーション全てを網羅するインベントリが必要になる。そして見つけたアプリケーションのうち、新たな運用システムと互換性を持たせる予定のアプリケーションを特定する。このインベントリ作成は、将来の管理負担を軽減できる優れたアプリケーションの提供方法があるかどうかを調査する機会にもなる。

 最も重要なのはユーザーだ。そのためユーザー環境のステージングは重要だ。「Windows」の既存のセッションからユーザープロファイルを正確に取得できる必要がある。プラットフォームの都合ではなくユーザーのポリシーに従ってユーザーが作成したデータを正確に維持し、セキュリティを確保することによってそのデータを保護することも必要だ。最後に、移行中もユーザーの生産性は維持しておきたい。

 では、クラウドステージングのベストプラクティスを準備する際に知っておくべき主な事柄を見ていこう。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...