2020年10月26日 08時00分 公開
特集/連載

GPT-3の登場で見えてきた「AIによるコード生成」の可能性AIによるソフトウェア開発【前編】

OpenAIの「GPT-3」は自然言語処理分野に大きな驚きをもたらした。GPT-3が持つ文章生成能力は、プログラムのコーディングにも応用できるのではないか。そう考えた人々による取り組みも始まっている。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

プログラミングをデータ中心に変えるAI

iStock.com/ibreakstock

 ソフトウェアを支える基本モデルはデータの重要性を反映する方向へとシフトしている。アプリケーションアーキテクチャでは、このようなデータ駆動型モデルの頂点を表すのがAIだ。AIはサンプルデータを使ってモデルをトレーニングすることで「プログラミング」される。その後、実社会のデータを使ってモデル自体の決定を下すことができる。トレーニングデータが適切であるほど、トレーニングデータに含まれていないデータセットが提示されても正しい決定を下す可能性が高くなる。

 ソフトウェア開発におけるAIの役割に目を向けると、Webで多くの話題を集めていたのがOpenAIの「GPT-3」だった。GPT-3は自然言語処理の新しいAIだ。GPT-3のデザイナーによると、GPT-3は「テキストを入力して、結果をテキストで出力する」汎用(はんよう)のインタフェースを提供するため、どんな仕事でも英語を使って行うことができるという。2020年6月、OpenAIはGPT-3用のAPIをリリースした。OpenAIはそのアルゴリズムを説明するブログ投稿に次のように記載している。「任意のテキストプロンプトが与えられると、APIは利用者が指定したパターンに一致させようと試み、テキストを補完して返す。利用者は行いたいことの例をほんの少し提示することで『プログラミング』を行うことができる。成功するかどうかは、タスクの複雑さによって異なるのが一般的だ。このAPIにより、利用者が提示した例のデータセット(小規模または大規模)でトレーニングを行うか、ユーザーやラベル付けツールが提示する人間のフィードバックから学習を行うことで、特定のタスクのパフォーマンスを利用者が向上させられるようになる」

 実際には、GPT-3のプログラミングでは幾つか例を示す必要がある。その後はあらゆることをGPT-3が判断する。

 Twilioでソフトウェア開発者を務めるミゲル・グリンバーグ氏は最近、GPT-3の使用方法を示す例をアップロードした。この例では、GPT-3とPythonの「Flask」フレームワーク(訳注)を使ってTwilioのチャットbotを構築している。このアプリケーションの興味深い点は、同氏が記述するステップによって実在する中で最も強力なAIエンジンの一つが呼び出され、ランダムな質問に人間のように答えることだ。同氏が記述するステップに必要なのは幾つかのかなり基本的なPythonコードだけだ。

訳注:原文は「Flack」だが、Flaskの誤りと判断した。FlaskはPython用のWebアプリケーションフレームワーク。

 GPT-3を使ってプログラムを作成しているWebのコメンテーターもいる。CrowdboticsもGPT-3はソフトウェア開発にとって革新的なものと見ている企業だ。同社は最新のブログ投稿に次のように記載している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...