2020年02月21日 08時00分 公開
特集/連載

ライセンス変更によるOSSのクラウド利用制限を巡る懸念岐路に立つオープンソース精神

AWSはオープンソースを搾取している。OSS企業のライセンス変更に始まりNew York TimesによるAWS批判記事へと発展した騒動は今、ライセンス変更に対する疑問に進展した。他のOSS企業・団体の意見とは?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/ma-no

 2019年12月、New York TimesはAmazon Web Services(AWS)がオープンソースプロジェクトを「ストリップマイニング」していると報じた(訳注:Computer Weekly日本語版 2月5日号参照)。AWSはコミュニティーに貢献することなく、オープンソースコードに基づくマネージドサービスを提供しているというのがその記事の主張だ。

 AWSで分析およびElastiCache部門のバイスプレジデントを務めるアンディ・グットマン氏はこれに反応する形でブログ記事を投稿し、「Elasticsearch」など人気の高いオープンソースプロジェクトのマネージドサービスを提供するよう、AWSは顧客から繰り返し要請を受けているとコメントした。

 「オープンソースプロジェクトのメンテナーの多くが、そのプロジェクトに関連する営利企業を立ち上げている」と同氏は話す。

 「一部はこれをゼロサムゲームと見なし、オープンソースプロジェクトのマネージドサービスを自由に収益化できる唯一の存在になりたいと考えている。そのため、彼らはオープンソースのライセンス条項を変更して真のオープンソースと独占所有物としてのコードを両立させている」

 オープンソースライセンスは、コアコードのブランチとして新機能の構築を可能にすることで、オープンソースの貢献者にイノベーションを促すことを目的としている。プロジェクトの管理担当企業は、その後、貢献者が構築した新機能をコアコードに組み込むことも可能だ。

 オープンソースのビジネスモデルでは、企業顧客が必要とする機能などの強化に対してオリジナルプロジェクトを支える開発者が料金を請求できるようにするため、一部の機能群をコアコードから除外する。企業顧客にSaaSとして自社製品を提供するため、自社オープンソース製品のマネージドサービス提供を試みる企業もある。

 Cloud Foundry Foundationの常任理事を務めるアビー・カーン氏は、New York Timesの記事に対して次のようにコメントしている。「商用製品の背後にあるソフトウェアがオープンソースの場合、誰かが別の商用ソフトウェアサービスを構築するのを止めるすべはない」

オープンソース独占使用の可否

 2019年3月、オープンソースDevOpsツール企業GitLabのCEO兼共同設立者であるシッツェ・シブランディ氏は次のように警告した。「商用オープンソースが直面する最大の課題は、ハイブリッドクラウドプロバイダーをどう扱うかだ」

 「『Apache Kafka』を開発しているConfluentなどの商用オープンソース企業は、その後ハイブリッドクラウドプロバイダーになってKafkaをas a Serviceとして提供している。これは、こうした企業が収益源として頼みにするSaaSと競合する」

 「こうしたことが、Redis Labs、MongoDB、Elastic、Confluentなど、多くのオープンソース企業が非競合のライセンスを導入してマネージドサービスにライセンス料金の支払いを求める動きにつながっている」

 だがシブランディ氏によると、このライセンス変更によってコードはもはやオープンソースではなくなっているという。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...