2022年07月20日 08時00分 公開
特集/連載

コンプライアンスのためのRegTech支出が増大中高まるRegTech需要

非銀行企業が金融サービスを提供する傾向が強まり、それに連動して関連規制を順守するための技術「RegTech」の需要が高まっている。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 RegTech(規制技術)の加速によって、コンプライアンスに関する予算の半分以上をIT支出が占めるようになるだろう。

 非銀行企業による金融サービスが増えるにつれて、RegTech需要が高まる。Juniper Researchは、2022年の全世界のRegTech支出は680億ドル(約9兆1800億円)だったが、これが2026年までに2040億ドル(約27兆5500億円)になるとする。

 小売業者、Eコマース企業、流通業者などの非銀行企業が顧客に金融商品を提供する傾向を強めている。そのために、非銀行企業はBaaS(Banking as a Service)を採用している。

 Finastraのアンケート調査によると、BaaS機能を既に実装しているか今後18カ月以内に実装予定だという回答が85%に上った。

 だが、金融サービスの提供には規制がある。これに対応するために、非銀行企業は銀行やFinTechの金融サービスを利用することになる。APIベースの金融サービスは銀行を通じて規制を受け、インフラも提供する。

 Juniper Researchのハルシャダ・トック氏は言う。「RegTechベンダーにとって、AIには明らかにメリットがある。だが、デジタルIDとユースケースを検証する際の効率を最大化するには、最も関連性の高いデータをAIに供給しなければならない」

 RegTechの主な対象は金融業界だが、新たな顧客による需要も生まれている。Juniper Researchは、新たな成長分野としてヘルスケアとギャンブルを挙げる。

 「RegTechベンダーは、暗号通貨交換、デジタルヘルスケア、オンラインギャンブルなど、コンプライアンスが混乱している新たな分野にサービスを提供しなければならない」

 「こうした市場の規制による変化は、RegTechベンダーが金融業界以外に重点を移し、新しいユーザーに手を広げる大きなチャンスをもたらす」

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...