2017年01月12日 08時00分 公開
特集/連載

AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?MicrosoftがAIの成果をデモ

Office 365のコラボレーション機能強化とAI研究に注力するMicrosoft。英ロンドンで開催されたイベントで、最新の成果が発表された。Office 365とAIが融合したとき、何が実現するのだろうか?

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 Microsoftは、クラウドベースのOfficeスイート「Office 365」をさらに強化するため、最新の作業プラクティスに配慮して設計したコラボレーション機能を多数追加した。

 「Microsoft Teams」は、ユーザー、会話、コンテンツを1つにまとめるアドオンだ。動画と音声によるコミュニケーションやスレッド形式の会話を可能にすることで、コラボレーションの改革を目指している。

 同社のCEOサトヤ・ナデラ氏は、Office 365の強化点について次のように発表した。「Office 365は創造、コミュニケーション、コラボレーションのための最高に充実したツールキットとプラットフォームだ。Microsoft Teamsは、チームの能力を高めるよう設計したチャットベースのワークスペースとして、Office 365に新たなエクスペリエンスを加えるものになる」

 同社Officeチームのコーポレートバイスプレジデントを務めるカーク・コーニグスバウエル氏は、自身のブログに「Microsoft Teamsは、現代社会で活動するチームに最新の会話エクスペリエンスを提供する」と記している。

 同氏によれば、Microsoft Teamsのテクノロジーは




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。