2017年10月24日 08時00分 公開
特集/連載

拡大するOffice 365の全体像(前編)Office 2016だけではまねできない、Office 365の多彩なデータ処理機能

Office 365はアプリスイートの枠を超え、データ処理ポータルという新たな価値を創造してきた。Office 365のツールを組み合わせることで、どのようなアプリが生まれるだろうか。

[Simon Bisson,Computer Weekly]

 「Microsoft Office」はかつて、非常にシンプルな製品だった。ソフトウェアのパッケージを買い、「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」をインストールすれば、それでよかった。

 しかし「Office 365」の登場により、このシナリオは一変した。月額料金とクラウドサービスを含むサブスクリプションモデルに移行し、「Microsoft Business Productivity Online Suite」をバンドルするようになった。使い慣れたデスクトップOfficeアプリケーションと併用してもらうのが狙いだった。

生産性へのポータル

 Office 365の中心となっているのは「Office Portal」だ。Webホスト型のサービスで、管理者はこのサイトでユーザーを管理でき、ユーザーは自分に割り当てられているソフトウェアのインストールやサービスを管理できる。

 Office 365ポータルの左上部にあるグリッドアイコンをクリックすると、ツールとサービスの一覧が表示される。同社のツールとサービスの認知度を上げるのに大きく貢献したのは2つの重要なテクノロジーである「Microsoft Graph」と「Common Data Model」だ。

 Microsoft Graphは、前掲の要因の中でも貢献が大きい方だといえる。Office 365クラウドサービスと連携する一連のAPIであり、これを使えば個人データをワークグループや組織全体と関連付けるようなクエリを作成し、組み合わせることができる。以前のOfficeプログラミングモデルを論理的に拡張したもので、ローカルのドキュメントやデータに対してだけではなく、適用対象の環境の拡張や縮小にも対応できる。

 Microsoft Graphの興味深い点は、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。