2018年12月19日 08時00分 公開
特集/連載

「Solid」とはバーナーズ=リー氏が目指す「自分のデータを自分で管理できるWeb」

ティム・バーナーズ=リー氏がInruptという企業を立ち上げた。その狙いは、オンラインデータの管理権限をそのユーザー自身に与えること。そのためのプラットフォーム「Solid」とは? 同氏が目指すWebとは?

[Sebastian Klovig Skelton,Computer Weekly]

 World Wide Webの生み親であるティム・バーナーズ=リー氏がスタートアップ企業Inruptを立ち上げた。この起業には、オンラインデータの管理権限をそのユーザー自身に与えることでインターネットが新たな段階に進むという同氏の希望が込められている。

Computer Weekly日本語版 12月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 バーナーズ=リー氏は最近のブログ記事で、Webが「不平等と分裂の推進役」に変わり、ユーザーは製品やサービスの利用と引き換えに民間企業やサービスプロバイダーに個人情報を引き渡していると記している。

 同氏はマサチューセッツ工科大学(MIT)の同僚と共同でオープンソースプラットフォーム「Solid」を開発している。Solidによって、ユーザーのデータがどこに、どのように保存され、誰がそのデータにアクセスするかをユーザー自身が選択できる。Inruptはこのプラットフォームをサポートすることになるだろう。

 SolidのWebサイトによると、ユーザーのデータは「Solid POD」(以下「POD」)に保存される。このPODは“セキュアデジタルUSB”として機能し、どこからでもアクセスできる。

 「PODは自分独自のプライベートWebサイトという考えだ。保存したデータは利用している全てのアプリケーションと相互運用される。つまり、ユーザーは自分独自のパーソナルAPIを持つことになる」と同Webサイトに記載されている。

 「オンラインにコメントや動画を投稿すると、友人はアルバムビュワーやソーシャルフィードなど、好みのアプリケーションを使って閲覧できる。データは所有するが、そのデータを任意の方法で形状を変えることができる。PODは幾つでも所有でき、Solid対応のWebサーバに常駐する」

 Solidは、このWebコンテンツを管理する権限をユーザーに与える。

続きはComputer Weekly日本語版 12月5日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 11月21日号 G Suite対Office 365攻防戦の行方

Computer Weekly日本語版 11月7日号 意外な所に潜む コンプライアンス違反

Computer Weekly日本語版 10月17日号 S/4HANAへの移行は苦難の道のり


ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...