2018年12月21日 08時00分 公開
特集/連載

課題山積に苦しむ人事部門をAIは本当に救えるのか上層部の不興や高い離職率

企業の人事部門は今、追い詰められている。上層部からは不満を持たれ、従業員は評価を実感できず離職してしまう。調査の結果、人事部門はAIの導入に活路を見いだしていることが分かった。しかし……。

[Bill Goodwin,Computer Weekly]

 人工知能(AI)と機械学習は、今後2年以内に企業が従業員を管理する方法に大きな影響を与えるだろう。

 Fosway GroupとUnleashの分析チームが行った調査で、企業は優れた人事(HR)サービスを従業員に提供するために、チャットbotと機械学習技術の導入を検討していることが明らかになった。この調査が行われたのは、ほとんどのHR担当者が自社の既存システムは従業員のニーズを満たす準備ができていないと話していた時期と一致する。

 テクノロジー企業は、経営者や管理職が行うHR管理作業を容易にする目的で、AI、チャットbot、自然言語処理を開発している。Fosway GroupのCEO、デイビッド・ウィルソン氏は次のように話す。「AIは業務の生産性に大きな影響を与え、担当者が作業にかける時間を短縮するだろう。適切な情報を適切なタイミングで得ることができる。これは意思決定の質に影響する」

 経営陣や管理職が最も必要とする情報を、その職務や以前行った要求に基づいて提供するために、企業は機械学習アルゴリズムを使用するソフトウェアを導入するだろう。これは、AmazonやNetflixが顧客に合わせて製品や映画を薦めるのと同じだ。

 医療企業のPhilipsが評価している機械学習技術は、従業員のニーズに関連するトレーニングコースを推奨して、従業員が自身のキャリアを次のレベルに引き上げるのをサポートする。

 Philipsのグローバルラーニングシステム部門でディレクターを務めるピーター・ミアマン氏によると、機械学習には従業員の仕事をサポートする可能性があるが、この技術には信頼性に関する深刻な疑問もあるという。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。