2018年12月18日 08時00分 公開
特集/連載

Cloud Foundry導入事例オープンソースソフトの商用サポートを捨てて得たメリット

ある企業が、PaaS基盤「Cloud Foundry」を商用版からオープンソース版に切り替えた。商用サポートを捨てるリスクと引き換えに同社が得たものは、コスト削減効果だけではなかった。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 投資企業Fidelity Internationalは、オープンソースのPaaS基盤「Cloud Foundry」を商用サポート版からオープンソース版に切り替えて1万ポンド(約148万円)以上のコスト削減を実現した。

Computer Weekly日本語版 12月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 スイスのバーゼルで開催された「Cloud Foundry Summit 2018」のあるセッションで、Fidelity Internationalのこの事例が取り上げられた。同社でPaaSエンジニアを務めるレイチェル・ウォナコット氏はそのセッションで、同社はCloud Foundryの使用量が増加しており、商用版のライセンスを拡張していたら非常に高額になっていただろうと語った。

 「当社がCloud Foundryに関わり始めたのは4年前だ。Cloud Foundryの魅力は、開発者がアプリケーションとデータのみに注意すればよい点にある」と同氏は話す。

 だが実行するアプリケーション数に応じてFidelity Internationalが負担するライセンス料が高くなっていった。同社は当初、Cloud Foundryで約40のアプリケーションを利用していた。現在は170を超えるアプリケーションを利用している。

 Fidelity Internationalは商用版からオープンソース版への移行を決断した。そのためには、オープンソース版のCloud Foundryで商用版が提供するサービスを再現する必要があった。10人のスタッフで構成した同社のITチームは、サービスの低下や新たなリスクをもたらすことなくこれを行ったとウォナコット氏は語る。

続きはComputer Weekly日本語版 12月5日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 11月21日号 G Suite対Office 365攻防戦の行方

Computer Weekly日本語版 11月7日号 意外な所に潜む コンプライアンス違反

Computer Weekly日本語版 10月17日号 S/4HANAへの移行は苦難の道のり


ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...