2020年04月03日 08時00分 公開
特集/連載

開発者とユーザーの垣根をなくすローコード開発Computer Weekly製品ガイド

5年前に初めて“ローコード開発”という用語が登場した。そして今、エンタープライズアプリケーション開発における新たな成熟期を迎えている。このトレンドはあらゆる種類の組織が恩恵を受ける。

[Lindsay Clark,Computer Weekly]
iStock.com/gorodenkoff

 ローコード開発ツールサプライヤーは、主にグラフィックを使ったドラッグ&ドロップ方式でアプリケーションを開発できるとうたっているが、他のITインフラと接続するためにはある程度のコーディングが必要なこともある。これは、純粋にグラフィカルな開発環境を約束するノーコードの概念とはやや異なる。

 それでも開発者は全体的なIT環境について認識しておく必要はあるとOutSystemsのバイスプレジデントを務めるエデュアルド・クルーズ氏は述べ、「コアシステムを開発しているのであれば、そのアーキテクチャを理解しなければならない。ローコード開発は、アーキテクチャがないという意味でもセキュリティやテストがないという意味でもない」と指摘する。

ユーザーのニーズに応えるRAD

 「ローコード」はForresterが2014年に使い始めた用語だが、このコンセプト自体は新しいものではないという見方もある。

 Pegasystems(1983年創業)はメインフレームのグリーンスクリーンシステムに表示されるフォーム上でユーザーのニーズを把握することによって始まった。同社はクライアント/サーバの時代からクラウドの時代を通じて製品を開発しているが、ユーザーのニーズに寄り添ったRAD(ラピッドアプリケーション開発)に注力していることに変わりはないと、最高技術責任者のドン・シュアマン氏は語る。

 「それが顧客の請求書管理であれ、ワクチンクリニックであれ、要はプロセスを小さく切り分けてアプリケーションを開発し、デプロイするということだ。これは全て、ビジネスプロセスを発見してそれを分割することに尽きる」(同氏)

 ローコード開発に対するここ最近の需要は、IT環境を丸ごと入れ替えるのではなく、手早くモダナイズしたいという欲求から来ているという。「事を迅速に進めたいというのが、ソフトウェア開発に対するビジネス側の要求だ。ビジネスは自動化も望んでいる。そうした理由から私は、ローコード開発とRPA(Robotic Process Automation)は継続的領域の一部だと考える」とシュアマン氏は言う。

 ローコード開発の概念は、Microsoftが2016年に市場に参入したことで飛躍的に認識が高まった。Microsoftの「PowerApps」は、ビジネスユーザーが独自のアプリケーションを開発でき、IT部門にその変化をもたらすことさえできる(コラム参照)。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...