2019年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

先人の失敗に学ぶAPIファーストアプローチのソフトウェア開発、成功の秘訣

開発する機能を再利用可能なAPIとして実装することにより、ソフトウェア開発の生産性が向上する。だがAPI化すればいいというものでもない。APIファーストのメリットとともに再利用性を高める方法を紹介する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/Melpomenem

 APIは、プログラム的な結び付きを使って他のコードにアクセスできるようにする仕組みだ。これを利用するとソフトウェア開発に要する時間が根本的に短縮する。

 「既にあるものを作るな」という理念がある。機能やアルゴリズムが既にコードになっていて、それにアクセスできるAPIがあるのなら、似たものを一からコーディングするのではなくそのAPIを使うべきだという考え方だ。

 専門家は、ソフトウェア開発にAPIファーストのアプローチを取ればソフトウェア開発の作業を洗練できると言う。そのためには、利用できるAPIを公開し、ある程度のガバナンスを提供するポータルが必要になる。

 AstraZenecaでAPIと統合部門のディレクターを務めるサティシュ・マラム氏は、「基本的に、APIは1回構築して複数回使うことを可能にする」と話す。同氏によると、再利用可能なAPIが適した例は、2つのシステムを統合する必要があり、その統合が複数の場所で使われるケースだという。

 こうした再利用は、英労働年金省(DWP)のIT戦略にとって不可欠になりつつある。DWPで統合部門の責任者を務めるジャッキー・リゲッター氏は次のように話す。「再利用を目的にサービスを構築することが当部門の戦略的目標だ」

 英ロンドンで開催された「MuleSoft CONNECT 2019」(2019年10月)のパネルディスカッションで、リゲッター氏とマラム氏、そしてフェローパネリストのベン・ターナー氏が、APIのメリットと再利用性を踏まえてAPIを構築するためのベストプラクティスについて語った。ベン・ターナー氏は損害保険会社Legal & GeneralのCTO(最高技術責任者)を務めている。

 パネリストらは、APIの概念は企業にとってしばしば捉えにくいものになることに同意する。むしろAPIがどのようなビジネスサービスを実現するかについての議論が必要だとして、ターナー氏は次のように語る。「APIを話題にするのではなく、企業が利用したいサービスを話題にし、それを表す日常のシナリオを見つけることを試みる」

 リゲッター氏によるとDWPは、APIの使用を開始した最初の年にAPIの命名法を工夫し始めたという。以前のAPI名は番号だった。「チームはAPIを番号で呼ぶことをやめた。API名は全て動詞から始めるというルールにした」と同氏は語り、これによってAPIへの考え方が変わったという。

ビジネスの変化

 ビジネス全体で利用できる新しいAPIを開発するプログラムに着手するには、IT部門と事業部門の連携に対する考え方を改めなければならない。アプリケーション開発チームは、特定の業務機能向けにソフトウェアを作成することには慣れているかもしれない。だがAPIファーストのアプローチでは、構築するコードの再利用法をチームで考える必要がある。

 2016年以前、Legal & Generalのソフトウェアプロジェクトはポイントツーポイント接続を利用していたとターナー氏は話す。「いったん構築すれば終わりという考え方だった。事業部門とIT部門はこの姿勢を改め、その考え方をやめる必要があった」

 リゲッター氏は、DWPがひらめきを得た瞬間はスコットランド政府向けのプロジェクトに着手したときだったと語った。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...