デジタル変革(DX)が進まない原因は「リレーショナルデータベース」ITアーキテクトは諦めムード

リレーショナルデータベースのためにDXができない、進まないと考えているITアーキテクトが多いという調査結果が発表された。この状態から脱却する方法は存在するのか。

2019年12月13日 08時00分 公開
[Cliff SaranComputer Weekly]

 市場調査会社Vanson Bourneが従業員1000人規模の企業でデジタル変革(DX)を担当する責任者(450人)を対象に調査を行った。その結果、DXのボトルネックはレガシーデータベースにあることが明らかになった。

 Couchbase(訳注)が「Can architects meet the demands of the digital age?」(アーキテクトはデジタル時代の需要を満たすことができるか)として公開しているレポートによると、ITアーキテクトは野心的なDXの規模を縮小しているという。

訳注:CouchbaseはNoSQLデータベース「Couchbase Server」の開発企業。本記事はこの点を念頭に置いておく必要がある。

 Couchbaseによると、企業の具体的な目標とは関係なく、多くのDX戦略ではコネクテッドデバイスが重要なコンポーネントになっているという。その例は、製造ラインの効率を追跡することからスマートフォンでのシームレスな操作性を提供することまで多岐にわたる。

 ところが80%のITアーキテクトが、モノのインターネット(IoT)やモバイルアプリケーション/サービスに対する野心的な戦略の規模を縮小しなければならなかったと報告している。その理由はデータの利用に課題があるためだ。その理由を理解して対処しない限り、変革は難しいとCouchbaseは警告している。

 データの課題が生じる理由の一つは、レガシーなリレーショナルデータベース(RDB)を利用していることにあるとCouchbaseは指摘している。

 Couchbaseでエンジニアリング部門のシニアバイスプレジデント兼CTO(最高技術責任者)を務めるラビィ・マユラム氏は次のように語る。「クラウドによって支えられるユーティリティーコンピューティングという新時代は、ITアーキテクトの役割がますます重要になる。最新データベース、マイクロサービス、AI、モバイルアプリケーションやIoTなどのエッジコンピューティングの可能性を最大限に引き出すには、真剣に考える必要がある」

 「ITアーキテクトは適切な技術を選択し、戦略の成功を保証する適切なサプライヤーを選ぶ任務を負う。開発者が主導する経済の場合、ITアーキテクトは責任を持ってアプリケーションとシステムアーキテクチャを進化させることで、こうしたDXを主導することになるだろう。それにより、企業は混乱を最小限に抑えて躍進することができる」

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。