2019年12月13日 08時00分 公開
特集/連載

ITアーキテクトは諦めムードデジタル変革(DX)が進まない原因は「リレーショナルデータベース」

リレーショナルデータベースのためにDXができない、進まないと考えているITアーキテクトが多いという調査結果が発表された。この状態から脱却する方法は存在するのか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/fizkes

 市場調査会社Vanson Bourneが従業員1000人規模の企業でデジタル変革(DX)を担当する責任者(450人)を対象に調査を行った。その結果、DXのボトルネックはレガシーデータベースにあることが明らかになった。

 Couchbase(訳注)が「Can architects meet the demands of the digital age?」(アーキテクトはデジタル時代の需要を満たすことができるか)として公開しているレポートによると、ITアーキテクトは野心的なDXの規模を縮小しているという。

訳注:CouchbaseはNoSQLデータベース「Couchbase Server」の開発企業。本記事はこの点を念頭に置いておく必要がある。

 Couchbaseによると、企業の具体的な目標とは関係なく、多くのDX戦略ではコネクテッドデバイスが重要なコンポーネントになっているという。その例は、製造ラインの効率を追跡することからスマートフォンでのシームレスな操作性を提供することまで多岐にわたる。

 ところが80%のITアーキテクトが、モノのインターネット(IoT)やモバイルアプリケーション/サービスに対する野心的な戦略の規模を縮小しなければならなかったと報告している。その理由はデータの利用に課題があるためだ。その理由を理解して対処しない限り、変革は難しいとCouchbaseは警告している。

 データの課題が生じる理由の一つは、レガシーなリレーショナルデータベース(RDB)を利用していることにあるとCouchbaseは指摘している。

 Couchbaseでエンジニアリング部門のシニアバイスプレジデント兼CTO(最高技術責任者)を務めるラビィ・マユラム氏は次のように語る。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...