2019年12月16日 08時00分 公開
特集/連載

AI導入を阻む3つの壁何が企業を悩ませる?

AIの活用が叫ばれ、多数の成功事例が登場している。にもかかわらず自社のAI導入が進展しないのはなぜか。あなたの会社は3つの壁に行き当たっているのかもしれない。

[Brian Manusama,Computer Weekly]
iStock.com/peshkov

 Gartnerは、2020年までに世界のCIO(最高情報責任者)の48%が人工知能(AI)を自社に導入すると予測している。だが導入は増加しているものの、障壁も幾つか残っている。今でもAIのメリットとビジネスへの影響に疑問を抱く企業もある。重要なのはAIに可能なことと不可能なことを理解することだ。

 最初に障壁となるのがスキルだ。事業部門とIT部門どちらの責任者も、AIを仕事に利用すると、結果として求められるスキルが変わることを認識している。例えば、AIは人間の放射線科医と同じようにエックス線画像を診断できるようになっている。

 AIによるエックス線画像の診断が研究段階から実用段階へと進化するにつれ、放射線科医は仕事の重点を移さなければならない。例えば、診断と治療についての医師との情報交換、治療、画像を参考にした医療介入、治療と結果について患者と話し合うことなどが中心になるだろう。

 未知に対する恐れによってAIの導入が進まないこともある。Gartnerによる調査「2019 CIO Agenda」(2019年度CIOの課題)によると、回答者の42%が職場にAIを導入するメリットを完全には理解していないという。

 事業部門とIT部門の責任者の大きな課題は、AIを導入するメリットを数値化することだ。収益増加や時間短縮などは明確な数値にできるが、カスタマーエクスペリエンス(CX)などの概念的なものを正確に数値化したり定義したりするのは難しい。

 AIの成功は、目に見えるメリットと見えないメリットの両方を考慮に入れなければ判断できない。2024年までに、AIへの投資の50%が投資対効果を測定するために数値化され、主要業績評価指標(KPI)と関連付けられるようになるだろう。

 AI導入における3つ目の重要な障壁は、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...