2019年05月21日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドソフトウェアが定義するネットワークを巡る混乱

ソフトウェア定義ネットワークに移行する企業にとっての現実的な問題と文化的な課題について検討する。

[Andre Kindness,Computer Weekly]

 ITプロフェッショナルは、リソースを抽象化して仮想リソースと物理リソースのプールを創出し、組織のカスタマーエクスペリエンスとビジネスを向上させたいと望んでいる。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 ソフトウェア定義データセンター(SDDC)は柔軟性が約束され、ユーザーが定義する任意のサービスに簡単かつ手早くリソースを配置できる。ただし、多くのSDDCプロジェクトはネットワークインフラをSDDCに統合するところで壁に突き当たる。ネットワークインフラの管理は依然として手作業の手順やプロセスが大半を占める。これはSDDCの基本的な側面と相反する。

 ITチームは多くの課題に阻まれて、データセンターのネットワークインフラを仮想ネットワークに切り替えることができずにいる。ネットワーク市場には限られたオプションしかなく、一部のソリューションは組織を特定のアプローチに閉じ込める。

 FacebookやGoogleといったクラウド大手やティア1クラウドプラットフォームが推進するオープンネットワークは、ネットワーク分野を変革する助けにはなったものの、それぞれのネットワークOSやハードウェア、設計には大きな違いがある。それでもそうしたクラウド事業者は全て、自分たちのアプローチはオープンだと考える。これはIT組織にとって懸念材料になる。

SDNの定義

 ITプロフェッショナルによるソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の定義を巡っても混乱がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...