2019年05月17日 08時00分 公開
特集/連載

どのクラウドに移行したのかAzureではできなかった、IoTを活用した介護システムの実現

クラウドで介護システムを提供するKarantis360は、当初Azureを利用していた。だがAzureにはパフォーマンスに問題があった。これを解決しつつIoTを活用するためKarantis360が選んだクラウドとは?

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 スタートアップ企業のKarantis360は、高齢者や障害者向けにIoTベースの介護システムを提供している。同社はサービスインフラを「Microsoft Azure」から他社のクラウドサービスに切り替えた。Azureを介したログインが低速だったためだ。

Computer Weekly日本語版 5月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Karantis360の介護システムは、介護者が介護計画を管理して、最新情報を家族に提供できるように設計されている。当初はAzureでこのシステムを開発したが、同社創業者のニック・ハンプソン氏によれば、Azureはパフォーマンスに問題があったという。

 「ユーザーが複数の端末でKarantis360ポータルにログインすると、システムからロックアウトされるという問題があった。定期家庭訪問で得た介護メモに依存していたため、被介護者の状態が限定的にしか把握できないことも問題だった。もっと優れたアプローチが必要なことは分かっていた」と同氏はブログに投稿している。

 ハンプソン氏は、クラウドの移行を決断した。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...