2020年01月27日 08時00分 公開
特集/連載

Googleと業種/用途特化型検索サービスの最大の違い特定分野・用途向け検索サービス【後編】

業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。

[SA Mathieson,Computer Weekly]

 前編(Computer Weekly日本語版 1月8日号掲載)では、Googleなどの汎用(はんよう)検索エンジンの限界と、特定分野・用途に特化した検索サービスの台頭について解説した。

 後編では、報道機関向けなどの特定業種に特化した検索サービスや文字情報以外のデータ(画像、位置情報)の検索サービスを紹介する。

報道機関向けサービス

iStock.com/metamorworks

 英ロンドンの企業Krzanaは、Signal AIと同様のアプローチで報道機関にサービスを提供している。クライアントには「Manchester Evening News」や「Birmingham Mail」などの地域ニュースを運営するReachや国営放送、ファクトチェックサービスが含まれる。

 ジャーナリストは記事を執筆する際に「5W」、つまり「Who、What、When、Where、Why」を念頭に置く必要がある。同社は、記事で言及される人々や組織を機械学習で検出することで「Who」をサポートする。

 「When」については、最近出現したものを重視する「変更履歴」モデルをシステムのアーキテクチャに含めているという。創業者兼CTO(最高技術責任者)のトビー・アベル氏は、「これは平均的な検索システムにはない注目点だ」と話す。特定の地域を担当するジャーナリストにとっては「Where」も重要だ。同社はこのために資料の地理的位置を取得している。これにより英ウェストミッドランズ州の最大の都市(バーミンガム)のジャーナリストが、米アラバマ州の「バーミングハム」の記事を誤って参照することを避けることができる(訳注)。

訳注:英国の「バーミンガム」と米国の「バーミングハム」はどちらもスペルは「Birmingham」だが、発音は「ˈbɜːmɪŋəm」「ˈbɜːmɪŋˌhæm」と異なる。

 このシステムはジャーナリストがお決まりの手法を使うのにも役立ち、特定種類の記事に見受けられるパターンの特定などが可能だ。アベル氏は次のように話す。「ジャーナリストの仕事は創造性にあふれているが、同時に決まり切ったパターンもある。オーダーメイドの検索エンジンはその一部を記号化できる」

 例えば、このシステムはフェスティバル関連の記事に、地域の人々、事業、参加者、悪影響を受けた人々のコメントを含めることを提案する。

 EUの助成金によって開発されているジャーナリスト向けサービス「INJECT」は、関連性はあるが異なる資料をAIによって提供する。6言語に及ぶ380の情報源と1600万を超える記事を取り込んでおり、パートナーの中にはドイツのニュース機関「Deutsche Presse-Agentur」も含まれる。

 英ロンドン大学キャスビジネススクールのデジタルクリエイティビティー担当教授ニール・メイデン氏は次のように語る。「ジャーナリストの創造性を高めようとしているのではない。創造性はそのままに、現時点よりもさらに仕事を速められるようにすることだ」

 INJECTのシステムはつながりとアイデアを提案するため、例えばキプロスの司法大臣ヨナ・ニコラウ氏が外国人女性の殺人事件に関連して2019年5月に辞職したことを検索すると、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...