2018年05月30日 08時00分 公開
特集/連載

時代遅れ?のHTTP/HTTPS vs. 分散ファイルシステム「IPFS」Webに世代交代は来るのか

HTTP/HTTPSの欠点を解決する手段の1つとして、IPFSという分散ファイルシステムが開発された。IPアドレスに依存しないため、確かにデッドリンクの発生を低減できるかもしれない。

[Antony Adshead,Computer Weekly]

 ティム・バーナーズ=リー氏といえば、ご存じの通りWorld Wide Webの基礎を成すHTTP(Hypertext Transfer Protocol)の考案者として有名な人物だ。

 しかし、HTTP(S)はもはや時代遅れだと考える人もいる。このテクノロジーには、Webをデッドリンク(リンク切れ)まみれにしやすいという性質があった。政府などによる統制に対しては無防備で、障害も起こりがちだ。

 分散ファイルシステム「IPFS」(InterPlanetary File System)の登場には、こうした背景がある。IPFSは、HTTPに代わりWeb上のファイルにアクセスする手段として研究が進められている。

 HTTPは、デバイス固有のアドレス指定方法であるIPに依存する。

 一方IPFSは、各コンテンツのアドレッシングに従う。言い換えると、格納されている各アイテムには独自の一意な識別子があり、それぞれに対して作成された不変のハッシュを保持している。

 これにより、データはどこにでも格納できるようになる。データへのアクセスを要求すると、ハッシュを手掛かりに最寄りの場所や複数の場所から取り寄せることができる。

 実は、IPFSはBitTorrentに似た特性を持っている。BitTorrentは映画を違法にダウンロードする人々が好んで利用するピアツーピアプロトコルで、「PirateBay」などの海賊版ファイル共有サイトで使われている(訳注)。

訳注:BitTorrent自体は違法なものではなく、合法的に有意義に使っている人も多くいる。

 1つの場所から1つのファイルをダウンロードするのではなく、いわゆるTorrentスウォームを採用している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...