2019年09月03日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイド最新ハイブリッドクラウド管理製品の選択

クラウド管理問題の解決を目指す企業が考慮すべきさまざまな要因を解説する。

[Lauren Nelson,Computer Weekly]

 ハイブリッドクラウド管理(HCM)市場は長期にわたって停滞気味だったが、最近その状況が変わった。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 クラウド管理やガバナンスの課題に取り組むにはHCMツールの調達が必要であるという結論に至る企業はあまりに多い。だがそうした企業の多くはまだ、クラウド管理の負荷が支出を正当化できるほどの痛みを伴う状況には至っていない。HCMベンダーから調達できる選択肢について掘り下げる前に、HCMで本当に自分たちの問題が解決できるかどうかを問い掛ける必要がある。

機能セット

 この市場の初期段階において、「第1世代」という用語は、この用途専用に開発された製品ではなく、用途を切り変えた製品を指すものだった。一例として、「BMC Cloud Lifecycle Management」「IBM Cloud Orchestrator」「Micro Focus Cloud Service Automation」などが挙げられる。

 第1世代製品のベンダーは他の製品を売り出したり、革新的なアップデートを開発したり、さらに新しい世代の製品を打ち出したりしている。

 直近になると、3つの中核的課題に注目が集まるようになった。すなわち、複雑なハイブリッドクラウドの利用を想定した機能の

  • 「幅広さ・奥深さ」対「使い勝手の良さ」
  • 「フル機能の奥深さ」対「クラス最高の代替製品への組み立て可能性」
  • 「外部ツールと連携させる手段としてのAPI」対「プラグイン」

という課題だ。

 ツールの世代について検討する際は、機能の奥深さと幅広さ、組み立て可能性、インテグレーションに目を向ける必要がある。奥深さと幅広さという観点においては、第1世代の重い製品は損失と価値の両面においてシンプル性に欠ける。

ITmedia マーケティング新着記事

news006.gif

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...