2020年07月10日 08時00分 公開
特集/連載

液冷システムを検討していないデータセンター事業者は時代後れデータセンターの液冷化【前編】

冷却効率の高さとコスト削減の可能性によって注目されている液冷システム。ある事業者は液冷化を必然と捉えて準備を進めている。当然、懐疑論者もいる。データセンターは変わるのだろうか。

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
iStock.com/gyro

 データセンターにおける液体冷却(液冷)はそれほど目新しい考え方ではない。だがそのユースケースは依然ニッチで、主にエクサスケールのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境に限られている。

 データセンターの温度を制御する手段としては相変わらず外気冷却が好まれ、最も普及している。ただし今後もずっとそうだとは限らない。英国エセックスに拠点を置くコロケーション企業Kao DataのCEO兼COO(最高執行責任者)ポール・フィンチ氏はそう述べる。

 同社は機械冷却ではなく間接蒸発冷却を活用する英国初の卸売りコロケーション施設だと主張する。機械冷却はサーバの排熱を大気に放出するものであり、外気を取り込むことで機器の温度を低く保つわけではないとも述べている。

 英ハーロウにある同社の主力マルチテナント施設は、液冷が普及する可能性に備えて設計されている。フィンチ氏が考える通り、空気冷却(空冷)システムと液冷システムが混在するハイブリッド施設の開発は、そうした未来を見据えて下地を築く適切な方法になる。

 「データセンターコロケーション市場に身を置きながら自社の施設に液冷機能を導入する計画を立てていないとしたら、かなり時代に乗り遅れている。液冷処理装置技術がそう言える段階に達しているのは間違いない」と同氏は語る。

 液冷式施設の物理スペース要件やレイアウトには、空冷式施設とは異なるデータセンター設計が要求される。

 「データセンターの建物は進化している。液冷を次のステップにするなら、建築段階に入る前に考慮しなければならないことがある。リフト設計を含め、床荷重や天井高、設備搬入ルートなどを検討する必要がある」とフィンチ氏は付け加える。

 上記の全要素を考慮していないコロケーションプロバイダーは、液冷を必要とするワークロードへの対応に苦労することになる。後々競争上不利な立場に追いやられる恐れもある。

空冷から液冷に移行するストーリー

 データセンターが近い将来に空冷から液冷に大きく移ることを誰もが必然だと確信しているわけではない。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...