2021年06月18日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10 Version 1909サポート終了で発生するリスクリスクが急増する日

2021年5月にWindows 10 Version 1909のサポートが終了した。新バージョンに更新しなかったユーザーは、以後定常的にセキュリティリスクを抱えることになる。そして「あるタイミング」は特にリスクが高まるという。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/COMiCZ

 2021年5月11日、Microsoftは「Windows 10 Version 1909」のサポートを終了した。以降、Windows 10 Home/Pro/Pro Education/Pro for WorkstationsのVersion 1909は更新プログラムが提供されなくなる。

 Kasperskyのデータによると、全世界の一般消費者と企業におけるVersion 1909のシェアは15%だという。

誰もがOSを更新するわけではない

 Windowsの更新を望まないユーザーもいる。OSの安定したビルドを維持する正当な理由がある企業もある。Version 1909のサポート終了という事実は、このOSを使っているユーザーや企業が攻撃を受けるリスクがあることを示している。このリスクは、サポートされているバージョンのOSのセキュリティ更新プログラムをMicrosoftがリリースした時点に発生する恐れがある。

 更新プログラムで修正される脆弱(ぜいじゃく)性は、サポートが終了した全てのOSに当てはまるとKasperskyは指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。