2021年06月23日 08時00分 公開
特集/連載

Intelの対Arm戦略――x86コアのライセンス提供を開始独自のx86チップを構築可能に

Intelがx86のライセンス提供に踏み切るという。これにより、Intelの顧客企業が独自機能を組み込んだx86チップを構築できるようになる。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 Intelはデータセンター事業の営業利益が前年比22億ドル(約2395億8000万円)減に落ち込んだ理由として、収益の減少、10ナノメートルへの移行、「Xeon」の研究開発への投資増を挙げている。Intelは約200億ドル(約2兆1800億円)を投じて米アリゾナ州に2つの工場を建設するという。

 Armとの競争について、そしてArmのように「x86」をライセンス提供するつもりがあるかどうかについて尋ねられたIntelのCEOパット・ゲルシンガー氏は次のように答えた。「x86コアを利用可能にする予定だ。ユーザーにはクラウドサービスプロバイダーも含まれる」

 「つまり、簡単に言えば『イエス』だ。x86を顧客が利用できるようにすることで、Arm対x86という世間の捉え方は大きく変わるだろう」

 ゲルシンガー氏は、Armのライセンスを所有するユーザーがArmチップを構築できるように、Intelの顧客もx86ベースの独自チップを設計できるようになると言う。

 ゲルシンガー氏はこれまで、独自設計を希望する企業にIntelが対応していなかったことを認めている。「そうした企業に適切な選択肢となるx86がなかった」

 x86のサーバチップでは、ネットワーク向けやメモリ階層向けに最適化することはできなかった。今回変わるのはその点だとゲルシンガー氏は話す。

 「Intelは必ず実行する。IPや主要プロセスとパッケージング技術の扉を開き、Intelの半導体工場で一緒に独自設計を行おうと呼び掛けることができる。これは非常に強力な戦略で、大きな変化になると思う」(ゲルシンガー氏)

 同氏によると、Intelのパッケージング技術にも「大きな関心」が寄せられているという。一例として、1つの半導体にSamsung ElectronicsまたはTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)のタイルとIntelのタイルを統合したいと考えている顧客を挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...