2021年06月28日 08時00分 公開
特集/連載

RPA導入を成功させるために不可欠な「経営陣との合意」RPA導入成功の条件【後編】

RPAのメリット/デメリットを理解し、効果的なユースケースを検討するだけではまだ足りない。経営陣はRPAの導入効果について“誤った考え方”に傾きがちだ。RPA推進者はこれを防ぐ必要がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/metamorworks

 前編(APIは万能ではない――APIではなくRPAを使うべき理由)では、APIの限界とデメリット、APIにはないRPAのメリットを解説した。

 後編では、RPAの導入を失敗させる誤った考え方を紹介する。

統合の障害物の排除

 完全にスタンドアロンのビジネスアプリケーションはない。どこかの時点でビジネスプロセスに参加して、他のシステムと情報を共有する必要がある。とはいえ、Vanson Bourneが800人のITリーダーに対して行った最新調査(MuleSoftの2021年接続ベンチマークレポート)で、回答者10人のうちほぼ9人がDX(デジタルトランスフォーメーション)の妨げになるものとして統合の課題を挙げていることが分かった。

 つながりのないプロセスはシームレスなワークフローを妨げ、人間の介入を必要とする。DXを妨げている課題を取り除く一つのアプローチがAPIだ。だが、NHS SBSがOracleシステムの統合で経験(前編参照)したように、APIは常に利用できるとは限らない。多くの場合、統合を容易にするのがbotだ。

 Knowledge Capital PartnersがRPAプロバイダーのBlue Prismのために最近行った調査では、DX実現のために複数のアプリケーション/システムを統合するプラットフォームとしてRPAが大きな要素となる理由が議論されている。

 RPAで全てを行うことはできない。RPAはDXのために利用するツールセットの一部だ。チームの変革には開発者の作業とAPIが必要になることがある。RPA、スキャンした書類を読み取るAIベースのOCR、顧客の対応を理解するためのAI対応の自然言語処理。これらは全て、ビジネスプロセスにおける意思決定の自動化に際して果たすべき役割がある。しかし、全体の中の一部にすぎない。

 ツールボックスの中で最も重要なツールは人的要素だ。プロセスの改善方法に関する独創的なアイデアを出すのは人間だ。人々にその自信と非効率的なタスクを自動化するサポートを提供することは、インテリジェントなRPAの最もインテリジェントな使い方だ。

自動化へのボトムアップのアプローチ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...