2018年12月04日 08時00分 公開
特集/連載

長過ぎるダウンタイム問題レプリケーションでは不十分? 多くの企業がダウンタイム短縮に課題

調査の結果、ランサムウェアなどに起因するシステムダウンの復旧に多くの企業が課題を抱えていることが分かった。バックアップと復旧の目的を見失っている可能性がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 仮想マシン(VM)をレプリケートしてもデータの損傷は防げない。多くの企業はランサムウェア攻撃を受けた直後にはオンラインに戻せなかったと認めている。こう報告したのはクラウドプロバイダーのIlandだ。

Computer Weekly日本語版 11月21日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Ilandは、VMのバックアップを専門とするVeeam Softwareと共同で、300社を対象にした調査を実施した。その報告書によると、44%の企業がバックアップと災害復旧(DR)の戦略の一環として何らかの形式のレプリケーションを利用しているという。ただし、データの破損やランサムウェア攻撃を経験した企業は24%に上るという。

 調査した企業の4分の3が、過去1年以内にシステムの機能停止の原因となる問題を経験している。原因の46%はハードウェア障害、41%は人為的なミスだが、悪意のある攻撃も全体の24%を占めた。

 ランサムウェア攻撃からの復旧にかかった時間を尋ねたところ、23%がインシデント当たりの平均ダウンタイムを24時間未満と答えている。ランサムウェアなどの攻撃によるダウンタイムを1時間未満と答えた企業は27%。4時間程度という答えも26%あった。ランサムウェア攻撃によって24時間以上機能停止した企業も11%に上る。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...