2020年03月27日 08時00分 公開
特集/連載

受信者がだまされるフィッシングメールの件名トップ10人は何にだまされるのか

フィッシングメールの件名を調査した結果、受信者がつい開封してしまう件名が明らかになった。こうした件名のメールには要注意だ。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]
iStock.com/chairboy

 フィッシングシミュレーションを専門とするサイバーセキュリティテストおよびトレーニング企業KnowBe4が収集した統計によると、パスワードの変更を求める緊急メッセージを装うフィッシング詐欺に4分の1強のユーザーが欺かれているという。

 この統計は、エンドユーザーがパスワード保護と基本的なサイバーセキュリティ対策の重要性に気付いていることを示す前向きな指標と解釈できるかもしれない。だが、KnowBe4の創設者兼CEOのストゥ・シャワーマン氏は、この統計が実際に示唆するのはユーザーにさらなる慎重さが求められることだと指摘する。

 「ユーザーがパスワードの変更や確認に関するフィッシング詐欺にだまされているのは明らかだ。正当なメールとフィッシング攻撃を見分けるのは難しくなっている。そのため、エンドユーザーは危険信号を察知し、クリックする前に考えることがこれまで以上に重要になる」(シャワーマン氏)

 KnowBe4がシミュレーションしたフィッシングテストと実際のフィッシングの双方で数万通のメールの件名を調査したところ、最もクリックされたメールの多くがセキュリティ関連か業務関連の緊急問題に結び付けられていたことが分かった。

 同社は件名をシミュレーションして、最も効果的な、もとい注意すべき件名トップ10を明らかにした。それは次のようなものだ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...