2020年06月03日 08時00分 公開
特集/連載

エッジコンピューティングに伴うパラダイムシフトComputer Weekly製品ガイド

オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ。コンピューティングパラダイムのシフトについて解説する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/NatalyaBurova

 エッジコンピューティングとは、人のためではなく機器のためにアプリケーションを開発することを意味する。従ってITでも運用でも、自分たちの関係についての再考を迫られる。

 Freeform Dynamicsは富士通のための報告書「Industrial digital transformation」の中で、CIO(最高情報責任者)とCOO(最高業務執行責任者)にとっての課題として運用技術がもはや孤立した存在ではなくなったことを挙げている。「Industry 4.0のスマート工場とはつながる工場だ。スマート機械は産業用モノのインターネット(IoT)に接続され、組織全体およびサプライチェーン、そして潜在的にはその先の世界とも通信しなければならない」。同報告書はそう指摘する。

 「車両群や病院周辺の医療機器、在庫管理システムなどにも同じことが言える。こうした分散していながら本質的につながっている技術のために、ITネットワークには新たなエッジが加わる。オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ」

 ただしこのエッジは、IT部門が従業員にPCやアプリケーション、スマートフォンを支給するオフィスエッジ&モバイルコンピューティングエッジとは大きく異なる。NutanixのIoT&人工知能(AI)担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャー、サタヤム・バガーニ氏は「エッジが台頭すれば、重点の再配分を要求される」と語る。

 バガーニ氏によると、これは人が使う電子メールやWebブラウザ、ソーシャルメディアのようなアプリケーションから、大部分が機械指向のアプリケーションへと主な重点が切り替わるコンピューティングの一大パラダイムシフトを意味する。マシン対マシンのインタフェースは、生のデータをビジネス知見に変えるセンサーデータの処理やAI、分析技術の利用を可能にする。

 エッジコンピューティングをITに取り入れることを検討する際は、アーキテクチャや技術に関して対応しなければならない課題が多数ある。TIBCO SoftwareのCTO(最高技術責任者)ネルソン・ペトラセック氏は、エッジコンピューティングの活用を検討している組織に対し、プロセッサやメモリ、バッテリー持続時間、ストレージといった、機器そのものの性能を検討することから始めるよう助言する。ソフトウェア面では、OSやネットワークの安定性と性能、接続していないときに機器を稼働させる必要性などを検討する必要がある。

 アップロードとダウンロード両方のネットワーク速度、システムモニターの必要性、セキュリティ対策、運用管理センターからの距離に関連した機器の所在地、ソフトウェアのデプロイと更新の方法についても考える必要がある。

 「メンテナンスと継続的向上は興味深い課題であり、現状は(データ)モデルが必ずしもデータセンターやクラウドにデプロイされないまま、潜在的に何十万もの機器で実行されている状況にある。それ自体が興味深い課題を投げ掛ける。組織はもちろん、そうしたロジックをコンテナ化し、さまざまな技術を使ってエッジにプッシュ配信することもできる。だがセキュリティ以外の主な課題の一つは、10万台の機器にアップデートをプッシュ配信する場合、確実にアップデートを配信し、全て自ら更新させるにはどうすべきかということだ」(ペトラセック氏)

 同氏によると、分散した10万台の機器にインストールされたアップデートの撤回は、一元化されたクラウドプラットフォーム上のソフトウェア撤回とは大きく異なる課題を生じさせる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。