2016年08月04日 08時00分 公開
特集/連載

DBのパフォーマンスをアピールライセンス売上減のOracle、AWSに追い付けるか?

クラウド移行が加速し、Oracleのソフトウェアの新規ライセンス売り上げは前年比10%減少した。新戦場のクラウドでは、AWSを強く意識していることがうかがえる。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 Oracleは、2016年度通期の売上高を前年比3%減の370億ドルと発表した。クラウドソフトウェアとオンプレミスソフトウェアを合わせた売上高は前年比2%減の29億ドル、SaaSとPaaSの売上高は前年比49%増の22億ドルだという。

Computer Weekly日本語版 8月3日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月3日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 通期業績で、クラウドとSaaSは同社売上高の6%、IaaSはわずか2%だった。

 同社売上高の大半を占めたのはオンプレミスソフトウェアだ。同社の発表によれば、オンプレミスソフトウェアの総売上高は前年比3%減の72億ドルだという。

 OracleのCEOサフラ・キャッツ氏は、財務ブログサイト「Seeking Alpha」に掲載された収支報告の中で、この業績低下はクラウド事業の成長によるものだと説明している。

 「クラウドへの移行が加速し、ソフトウェアの新規ライセンス売り上げが前年比10%減の28億ドルになった。ハードウェアサポートなど、ハードウェア事業の売上高は前年比7%減、ハードウェア製品の売上高は7億2500万ドル、ハードウェアサポートの売上高は5億5800万ドルとなった」と同氏は話している。

 「SaaSとPaaSの急成長は今後数年間続くと予測している」とOracleの会長兼CTOのラリー・エリソン氏は付け加える。「成長が続けば、当社はSaaSとPaaSの売上高が10億ドルを突破する初のクラウドプロバイダーになる可能性がある」

AWSを追う

 SaaS、IaaS、PaaSを送り出した同社は、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」との直接競争に足を踏み入れたことになる。

 営業利益について聞かれたOracleのマーク・ハード氏は、こう答えた。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...