2020年09月24日 08時00分 公開
特集/連載

サービスとしての災害復旧(DRaaS)の主な選択肢Computer Weekly製品ガイド

災害復旧の構築に際して、完全なセルフサービス型かアシスト型かマネージド型かの選択は、何を守る必要があるのか、そしてどんな社内リソースがあるのかにかかっている。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]
iStock.com/ndreyPopov

 企業が災害復旧(DR)を調達する方法は急速に変化している。この数年間のクラウドストレージの成長に伴い、企業がバックアップに利用できる膨大なリソースが生成された。

 IDCは、2018年のDRaaS(サービスとしてのDR)市場の規模を30億ドル(約3204億円)と推計し、2022年までに54億ドル(約5767億円)に成長すると予想している。その大部分はクラウドサービスにけん引される。

 企業がDRaaSに移行する理由は、その性能(アップタイムの増加や復旧時間の短縮)とコストにある。バックアップ専用のデータセンターをクラウドに入れ替えれば、クラウドがもたらすスケールメリットを享受できる。顧客が高額なITインフラや不動産を持つ必要はなくなり、IT部門は消費モデルのDRに移行できる。

 アナリストによると、この市場は断片化しつつある。DRを提供するクラウドサービス企業は2000社を超す(IDCの推計)。加えて従来型のDR市場にもITおよびソフトウェアプロバイダーが存在する。DRaaS専業のサプライヤーにはAcronis InternationalやZertoなどがあり、Amazon Web Services(AWS)は「CloudEndure Disaster Recovery」を、Microsoftは「Azure Site Recovery」を提供している。

DRの選択肢

 これほど大規模で多様な市場で全ての製品について調べるのは難しい。だがDRaaSは、主にセルフサービス型、アシスト型、マネージド型の3種類に分類できる。

 企業が求めるDRの種類と守るべきデータおよびアプリケーションに目を向けることは、選択肢を絞り込む一助になる。だが、DRaaSは主にバックアップの形態だということをIT責任者は認識する必要がある。これは完全に複製されたライブの運用環境ではない。

セルフサービス型DRaaS

 セルフサービス型DRaaSには、DRサービスのカスタマープランニング、購入、設定、メンテナンス、テストが含まれる。自動化のオプションは向上しているものの、DRを発動して復旧プロセスを実行するためには、一般的にITチームを必要とする。

 セルフサービス型DRaaSには、柔軟性とコスト的なメリットもある。企業は必要とする復旧サービスと、バックアップおよびリカバリーソフトウェア、さらにはローストレージの具体的な組み合わせを選択できる。セルフサービスモデルは混合環境にも対応可能で、複数のクラウドデータストアやアプリケーションベースの可用性およびDRツールを利用できる。

 セルフサービス型DRaaSでは、ITチームがビジネスニーズに合わせて最善の技術および予算を選択できる。ただし特注ソリューションを組み立てて、それを管理する十分なスキルのあるスタッフを確保する負担は大きい。セルフサービス型DRaaSは、既にDR戦略を管理し、DR資産を運用している大規模ITチームがある組織に適している。

アシスト型DRaaS

 アシスト型DRaaSは、DR計画の策定と運用に伴う管理の負担をある程度軽減する。DRaaS企業にはシステム設計を支援するコンサルタントや、DR機能を構築して場合によっては運用するエンジニアが含まれる。

 アシスト型DRaaSは社内にある既存の資産とスキルを活用することから、マネージド型DRaaSよりもコストは抑えられる。必要に応じて追加的なサポートも提供されるが、カスタマイズされたシステムや特注システムのサポートを受けるのは難しいかもしれない。

 組織の一部に堅実なDRシステムがある場合、アシスト型DRaaSであれば重複を避けられる。企業は単純に、新しいアプリケーションのサポートといった追加的な機能や既存の構成では不十分だとITチームが判断した場合などに料金を支払えば済む。

 アシスト型DRaaSは、比較的少人数の社内DRチームで全般的なコントロールと運用を維持できる。

マネージド型DRaaS

 マネージド型DRaaSは最も包括的であると同時に、最も高額な選択肢でもある。主なメリットとして、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...