ウイルス対策ソフトで発見できない「ファイルレスマルウェア」の対処法ドライブスキャンは無意味

HDDなどへファイルを書き込まないファイルレスマルウェアは、ドライブをスキャンするタイプのウイルス対策ソフトでは検知できない。この脅威に対処する方法はあるのだろうか。

2018年05月17日 08時00分 公開
[Greg TemmComputer Weekly]

 セキュリティの専門家でもほとんど気付かない悪意のあるソフトウェアを想像してみてほしい。不意打ちを食らうのは実に怖い。こうした脅威は、ファイルレスマルウェアとして知られている。「ファイルレス」と呼ばれているのは、このマルウェアが完全にメモリ内で実行され、ストレージ機器にほとんど形跡を残さないよう設計されているためだ。

 このマルウェアはメモリ内にいるときはファイルレスだが、システムに攻撃の起点を作るためには依然ファイルを必要とする。ファイルレスマルウェアは他のほとんどのマルウェアと同様に、悪意のある添付ファイルやセキュリティ侵害を受けたWebサイトを介してPCに感染する。ペイロードはストレージに書き込まれず、メモリ内で直接実行される。ウイルス対策プログラムが調べるファイルはストレージに存在しない。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...