2021年09月13日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドからテープまで、あらゆるストレージを統合管理する「Valence」最新ストレージ仮想化ソフトウェア

ストレージ仮想化ソフトウェア「Valence」は、オンプレミスのフラッシュストレージからクラウドのストレージやオフラインのテープまで、あらゆるストレージを統合管理できるという。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
iStock.com/ipopba

 スタートアップ企業22dot6が、ストレージ仮想化ソフトウェア「Valence」を発表した。同社の大胆な主張によると、フラッシュストレージから「Amazon S3 Glacier」のようなコールドストレージやオフラインのテープまで、既存の全ストレージを統合して単一のビューを提供するという。この発表の中心は、22dot6の「Transcendent Abstracted Storage System」(TASS)アーキテクチャとValenceだ。

 Valenceはマルチプロトコル(SMB、NFS、Amazon S3)アクセスで、スナップショット、レプリケーション、移行、クローン作成などのストレージサービスも提供する。CSI(Container Storage Interface)ドライバを備え、コンテナ用の永続ストレージも提供する。

 Valenceは「Linux」ベースの製品で、ベアメタルや仮想化環境にデプロイできる。企業のインフラをグローバルで統一し、任意の場所に格納されているデータへのアクセスを可能にし、可用性を高めることが主なメリットだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...