2020年10月09日 08時00分 公開
特集/連載

使用頻度ではなくファイルサイズによるストレージ階層化の是非今までのストレージ階層化は失敗?

Panasasがファイルサイズに基づくストレージ階層化を打ち出した。小さいサイズをSSD、大きいファイルをHDDに配置する方がパフォーマンスがいいという。使用頻度による階層化は過去のものになるのだろうか。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
iStock.com/Eduard Lysenko

 階層型ストレージとは、メディアのコスト、つまりメディアのパフォーマンスに合わせてデータを配置することを意味する。従って、最も重要なデータは超高速のSSDに移動される。だが、本当にそれでよいのだろうか。

 PanasasはスケールアウトNASにファイルサイズに基づく階層化を追加したという。

 Panasasの「Dynamic Data Acceleration」はこの動きの一つで、小さなファイルにはSSDの速度、大きなファイルにはHDDの大量スループットを利用することで、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やAI(人工知能)など、多種多様なワークロードに適したストレージを顧客に提供することを狙いとする。

 Dynamic Data Accelerationは、さまざまなメディアにデータを階層化する。ただし、階層化を行うのは用途の特性によってではない。Panasasによると、ファイルサイズによる階層化はファイルシステムのライバルである「BeeGFS」「Lustre」「IBM Spectrum Scale」(旧称GPFS)に比べてGBps当たりのパフォーマンスが2倍優れているという。

 この主張は直感にやや反するように思える。高いパフォーマンスを最も必要とするデータは最もパフォーマンスの高いストレージに格納したいと考えるためだ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...