2022年01月14日 08時00分 公開
特集/連載

グローバル企業なら絶対使いたい、Workplace from Metaのこの機能アストラゼネカの導入事例

製薬会社のアストラゼネカも利用しているWorkplace from Metaには、複数の国に拠点を持つ企業なら絶対に使いたくなる機能がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 コロナ禍の影響を受けた業界の一つが製薬だ。AstraZenecaのアラン・メトフォード氏(グローバル社内コミュニケーションおよびビジネスパートナーシップ部門責任者)は言う。「従業員はさまざまな働き方に対応した。『Workplace from Meta』(旧Workplace from Facebook。以下、Workplace)は、当社がつながりを保つのに役立っている」

 AstraZenecaがWorkplaceを導入したのは2017年。製造および供給のグローバルチーム用の短文コミュニケーション用プラットフォームとしてパイロット運用を始めた。「これによってブロードキャストメールが不要になった」(メトフォード氏)

グローバル企業なら絶対「刺さる」機能

iStock.com/scyther5

 2019年、Workplaceを「Sideways 6」(アイデア管理ツール)と統合し、エンゲージメントを強化した。この統合の結果、全従業員がアイデアを提案できるようになった。

 「限界突破し、人々を称賛し、一つにまとめる。Workplaceは従業員のエンゲージメントを高める鍵となり、具体的な変化を促し、全員の働き方の変化に対応するのに役立っている」(メトフォード氏)

 AstraZenecaは戦略の調整にWorkplaceを利用することも検討している。「最高のアイデアはどこにでもある。トップダウンだけではない。大きなアイデアも個別の取り組みも、従業員のアイデアが当社の戦略と行動の中心部だ」

 Workplaceを使って開催した2020年のイベントでは、従業員から5万6000件のアイデアが寄せられ、それが数百万ドルの投資につながった。コロナ禍の教訓を取り入れるための別のイベントでは、さらに2万4000件のアイデアを得た。

 「Workplaceはエンゲージメントを促し、障壁を取り除く」とメトフォード氏は語る。

 グローバル企業のAstraZenecaにとって、Workplaceの自動翻訳機能も役立っている。「母国語が何であろうと話していることを理解できる」(メトフォード氏)。これにより、人々はこれまで会ったこともない人とつながることができる。

 グローバル企業のもう一つの側面は、タイムゾーンと文化を認識する必要性だ。特にライブミーティングを開催する場合に重要になる。「イベントをスケジューリングする際は、タイムゾーンを意識して従業員の多様性に配慮する」とメトフォード氏は語る。

 イスラム教では国によって週末が異なる。木曜日や金曜日が週末になることがある。こうした同期できないコミュニケーションという考え方は、ハイブリッドな働き方がビジネス習慣になっていくにつれ、全ての企業が取り入れる必要があるだろう。

 「Workplaceが優れているのはセッションを再生できる点にある」(メトフォード氏)。Workplaceの自動的に字幕を付ける機能(訳注)は、非英語話者にとって重要だ。

訳注:対応言語は英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、アラビア語、ベトナム語、イタリア語、ドイツ語、トルコ語、ロシア語、タイ語、ウルドゥー語、マレーシア語、日本語。



ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...