2019年03月13日 08時00分 公開
特集/連載

国ごとに異なる重点分野世界のセキュリティ研究プロジェクト分析で浮き彫りとなった「欠落」

1200件の世界的研究プロジェクトを分析すると、国によって重視する研究分野が異なるなど、興味深い事実が明らかになった。そして、ある要素が「見落とされている」という。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 1200件の世界的研究プロジェクトを調査した結果、

  • サイバーフィジカルシステム
  • プライバシー
  • モノのインターネット(IoT)機器
  • 暗号化

がサイバーセキュリティ研究の大半を占めたことが明らかになった。

Computer Weekly日本語版 3月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ただし、サイバーセキュリティ専門企業Crossword Cybersecurityの報告によると、この調査には10億ユーロ(約1246億円)を超える支援を受けているEUプロジェクトも含まれているが、ある分野が「明らかに見落とされている」という。

 2008年1月〜2013年6月と2013年7月〜2018年12月のサイバーセキュリティ研究を比較すると、最も多い分野はサイバーフィジカルシステム(CPS:Cyber Physical System)だった。この分野だけでも当時進行中のプロジェクトが100件以上確認されている。

 多く研究されているもう一つの分野がプライバシーだ。近年ではプライバシー関連のプロジェクトが183%増加しており、現在進行中のプロジェクトの約14%が重点分野にプライバシーを挙げている。IoTを要素に含むプロジェクトも123%増を示している。

 近い将来量子コンピューティングの実現が見込まれる中、このテクノロジーを暗号化の未来に適用する新しいプロジェクトが増えていることも示されている。この分野の研究はここ数年で227%増となっている。

 この調査では、地域間の違いも明らかになった。

続きはComputer Weekly日本語版 3月6日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 2月20日号 RPA導入が成功する冴えたやりかた

Computer Weekly日本語版 2月6日号 次世代無線LANの衝撃

Computer Weekly日本語版 1月23日号 いまだに信じられているクラウド神話


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。