2020年09月17日 08時00分 公開
特集/連載

データベース絡みの悩みから解放するDBaaS(DataBase as a Service)プロビジョニングや運用はもう要らない

IT技術者はデータベースに関連する多くの要素に悩まされてきた。これらはDBaaSによって解決するという。DBaaSは本当に有用なのだろうか。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/Andreus

 今、DBaaS(DataBase as a Service)の利用、展開、実装、統合が注目されている。スキーマ生成、重複排除、ETL(抽出、変換、読み込み)といった付加的な機能を数多く備えるデータベースをas a serviceとして購入できるのに、独自のデータベースのホスティング、プロビジョニング、管理、運用に頭を悩ませる理由はあるのかというのがDBaaSの中心的な技術提案だ。

 この分野の最新アップデートには、犬のロゴをシンボルとする企業HarperDBが含まれる。同社は社名を冠したクラウドサービス「HarperDB Cloud」を提供している。

 HarperDB Cloudは完全マネージド型/ホスト型のサービスで、OSを含めたあらゆるものを運用する。最新のクラウドとして当然のように(前世紀の何かとは対照的に)、HarperDB Cloudのインスタンスは数分で起動できる。

 各インスタンスは組み込みAPI、ACID(Atomicity、Consistency、Isolation、Durability)特性を持ったSQLとNoSQLの機能、レポートツールや分析ツールに接続するための標準インタフェースを備える。

開発者による開発者向けのデータベース

 HarperDB Cloudはまさに開発者が開発者向けに構築した初のRESTfulデータベースだとHarperDBのCEOステファン・ゴールドバーグ氏は語る。

 「HarperDB Cloudの目的は、既に使いやすい製品をさらに容易にすることだった。データ管理とDevOpsを当社が担当しながら、開発者エクスペリエンスの向上を重視し、開発者がアプリケーション開発に専念できるようにするのが当社の希望だ」(ゴールドバーグ氏)

 ゴールドバーグ氏と同氏が率いるチームによると、開発者はデータベースを選択するに当たってコスト、機能、パフォーマンスのどれを犠牲にするかという複雑で悩ましい決定に向き合っている。こうした側面に開発者が対応できるよう、垂直方向にも水平方向にもスケーリングでき、動的なスキーマを備える製品を提供するという。

 ユーザーは「HarperDB Admin Studio」でインスタンスのサイズを一度アップグレードできる。HarperDBは、完全なドキュメントと技術ブログ、ナレッジベースなどのリソースを提供する。

DBaaSは成功するか

 DBaaS市場に積極的なのはHarperDBだけではない。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...