2020年08月27日 08時00分 公開
特集/連載

レガシーアプリをクラウドネイティブ化する方法Computer Weekly製品ガイド

レガシーアプリケーションと新しいデジタルプラットフォームを統合する方法について検討する。

[Cliff Saran and Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/sdecoret

 レガシーアプリケーションには、組織にとって依然として極めて大きな価値がある。レガシーアプリケーションはある種の安全性と安心感、必要な耐久性を提供しているからだ。イノベーションを加速させるデータがレガシーデータベースに保存されていることもある。SoE(System of Record)として、データ処理などのビジネス機能を支えるために使われる傾向もある。

 だがMuleSoftの欧州・中東・アフリカ(EMEA)担当サービスバイスプレジデントを務めるイアン・フェアクラフ氏によると、新しい消費者需要に適しておらず急速な変化に対応できる能力も低いことから、レガシーアプリケーションでは不十分なことも多い。

 「レガシーアプリケーションを捨てるという選択肢がない以上、それをモダナイズして新しいデジタルプラットフォームと技術をもっとシームレスに統合できる手段を見つけなければならない。レガシーアプリケーションに保存しているデータを使えるようにするため、アクセスを分散してもっと効率的にカスタマーエクスペリエンスを向上させる必要がある」。フェアクラフ氏はそう語る。

ITインテグレーションへの取り組み

 かつて採用していたポイント・ツー・ポイントのカスタムコードインテグレーションでは、2つのシステムをつないでデータが自由に流れるようにすることで、デジタルサービスを推進していた。

 だがITシステムは複雑化し、「結果的にアプリケーションとデータベースと端末の結び付きが強まることがある。それによって緊密な依存関係が形成されて変更が難しくなり、デジタルプロジェクトとアプリケーションモダナイゼーションの進展を減速させる」とフェアクラフ氏は言う。

 多くの組織はクラウドを、アプリケーションモダナイゼーションを加速させる手段と見なしている。パブリックIaaSでホスティングされるソフトウェアは、最新のハードウェアの恩恵を受けることができる。これは、寿命が近づいているかもしれない古いハードウェアへの依存を減らす助けになる。

 だが、メインフレームシステムのモダナイズを専門とするLzLabsのCEO、マーク・クレスウェル氏はこう指摘する。「レガシーアプリケーションはクラウドネイティブコンピューティングの新しい世界に参加できないというのが社会通念だ。評論家がその理由について問い掛けることはめったにない」

 メインフレームアプリケーションが簡単にはパブリッククラウドに移行できない理由は幾つかある。クレスウェル氏によると、相当なリファクタリングと再コンパイルを行わない限り、メインフレームアプリケーションをクラウドで実行することはできない。「メインフレームアプリケーションは一般的に、メインフレーム専用のマシンコードにコンパイルされている。メインフレームの命令セットはx86のそれとは大きく異なる。メインフレームアプリケーションはインフラソフトウェアに依存して、バッチとオンラインアクティビティー、データアクセスおよび他の多くのレガシーメインフレーム機能を管理している。アプリケーションそのものと同様に、このインフラソフトウェアもまた物理メインフレームハードウェアと結び付いていて、標準的なx86環境では稼働しない」

 クレスウェル氏によると、メインフレームシステムをクラウドに移行させる上でのもう一つの障壁は、メインフレームソフトウェアの開発パイプラインが、クラウドネイティブアプリケーションが依存しているラピッドデプロイ機能の多くに対応できないことにある。集中的にプランニングしない限り、メインフレームでテスト環境の回転を速めることは実質的に不可能だという。「レガシーアプリケーションは、各コードブランチを統合した後の大規模なインテグレーションテストに対するサポートが存在しない」とクレスウェル氏は言う。

 クレスウェル氏によると、クラウドネイティブアプリケーションに対応してここ数年で台頭してきた技術の大半は、メインフレームのレガシー環境では利用できない。コンテナ化されたデプロイモデルを使ってアプリケーションコンポーネントを実行することができなければ、他のクラウドネイティブ条件の多くは達成できない。

 だが最近、アプリケーションをそのままの形でコンテナ化されたオープンソースシステムに移行させることが可能になった。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...