2020年08月28日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoftの量子コンピューティング環境「Azure Quantum」登場Azure Quantumの活用事例も公開

Azure Quantumは、Microsoftが提供する量子コンピューティング環境だ。開発キット(QDK)と開発言語(Q#)も提供されている。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/NatalyaBurova

 Microsoftは、年次ソフトウェアデベロッパーカンファレンス「Build 2020」で、「Microsoft Azure」に量子コンピューティングを適合させる方法を明らかにした。同社がリリースした「Azure Quantum」は、早期導入者に量子コンピュータへのスケーラブルな道筋を提供する。

 いわゆる「量子インスパイアド」アルゴリズム(量子計算に着想を得た古典アルゴリズム)の構築に着手し、量子コンピュータを直接利用しなくてもそのメリットの活用を始められるようにするというのが同社の考えだ。

 Microsoftの量子コンピューティングポートフォリオに加わった「Quantum Development Kit」(QDK)と新言語Q#は「GitHub」で入手できる。

 量子コンピューティングとは、古典的バイナリコンピュータで実行される従来のアルゴリズムではプログラミングできない問題を確実に解決する技術だ。

 これまでの古典的コンピュータアーキテクチャは二者択一の決定に優れていて、「はい」か「いいえ」のいずれかに決まる問題は解決できる。だが、問題によっては指数関数的に複雑さが増すものもある。そうした問題は、これまでのやり方では事実上解決できないことになる。

 Microsoftのビジネス開発部門ディレクター、ベン・ポーター氏は同社の戦略を刷新し、次のように語る。「あらゆる業界の顧客と話し合ったところ、複雑な問題を解決するアルゴリズムを研究するというニーズがあった」

 これまでにない量子アルゴリズムを開発することは、Microsoftの戦略の中でも最初の一部にすぎない。同社の目標は、古典的コンピュータでは実行できない問題を解決するためのオープンエコシステムを築くことにある。業界規模で実行できる事前構築済みの問題解決策とアルゴリズムを提供することを目指している。

交通信号機の同期

 豊田通商向けにJijが開発した交通最適化問題について、ポーター氏は次のように話す。「信号機が切り替わるタイミングを最適化できれば車両の待ち時間を減らせるだけでなく、運転の操作性を高め、排ガスを減らすことができる」

 同氏によると、Jijは待ち時間と待機コストを対応付け、プログラマーがこの問題をPUBO(Polynomial Unconstrained Binary Optimization)という種類の最適化問題として表現できるようにしたという。

 「これは、各変数が2値のいずれかを取る種類の問題だ。最適化の目標は、コストが最小になる変数の組み合わせを見つけることだ。交通シミュレーションでは、各変数が他の多くの変数と相互作用する可能性があるため、複雑性が増す」と同氏は補足する。

 「これは最も難易度の高い問題だ。MicrosoftはPUBOに取り組むために特別に設計したAzure Quantumインスパイアドオプティマイザーを用意している。Jijはこれを最大限に生かした」(ポーター氏)

 Microsoftによると、Jijは従来の最適化技術と比べて待ち時間を20%削減したという。

有機ELディスプレイの改善

 もう一つは、OTI Lumionicsの例だ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...