2020年09月07日 08時00分 公開
特集/連載

スタートアップ企業Nebulonが提案する「クラウド定義ストレージ」コントローラーの機能をオフロード

ストレージコントローラーの機能の一部をクラウドにオフロードしてハードウェアコストを削減するというクラウド定義ストレージ。ソフトウェア定義ストレージと何が異なるのか。

[Antony Adshead,Computer Weekly]

 「Cloud-Defined Storage(クラウド定義ストレージ)」。それは新たな展開だ。クラウド定義ストレージは、ストレージコントローラーの管理操作の大半をクラウドにオフロードする。だが、入出力(I/O)はPCIeベースのカードでローカルに処理する。

 こうした構成のメリットは、大規模ストレージの管理を改善しながら、データセンターの高価なハードウェアに費やすコストを削減できる点にある。その削減率は50%に及ぶとされている。

 これを提供するのがシリコンバレーのスタートアップ企業Nebulonだ。同社の製品は2020年9月に一般リリースを予定している。

 Nebulonの提案は2つある。一つはサーバの容量だ。サーバは比較的安価なフラッシュドライブとNebulonのPCIeカードを装備し、パートナーが提供する。PCIeカードはデータセンターにある他のNebulonカードに接続され、ストレージ処理をオフロードする。

 2つ目の提案はもっと興味深い。監視とプロビジョニングの機能をクラウドにオフロードするというのだ。こうした機能は通常、コントローラーが担当する。

 この結果、システムを構成するコンポーネントは比較的安価になり、クラウドインタフェースで管理されるブロックストレージのプールを実現する。

 Nebulonの考え方は、ソフトウェア定義ストレージを組み合わせたハイパーコンバージドの考え方に近い。だが、ストレージのオーバーヘッドはローカルハードウェアから取り除かれる。ソフトウェア定義ストレージはPCIeカードのハードウェアに存在するが、運用はクラウドで行われる。

 ハードウェアは必要な電力と冷却を得るため、サーバのGPUスロットに収まるフルサイズのPCIeカードになっている。NebulonはこのカードをSPU(ストレージプロセッシングユニット)と呼んでいる。カードはSAS HBAストレージネットワークカードとしてホストされているように見えるが、カード上にストレージは存在しない。

 既存のハイパーコンバージド製品とは異なり、Nebulonは




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...