2019年06月14日 08時00分 公開
特集/連載

多くの自動運転車関連企業が頭を抱える「コストが高過ぎる」問題レベル5の実現は10年後?

Forresterが行った調査によると、自動運転車を開発している企業の多くがコストをはじめとする課題を抱えているという。人間の操作を必要としないレベル5の実現はいつになるのか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 チップメーカーのArm向けにアナリスト企業Forrester Researchが自動運転車(Autonomous Vehicle:AV)の開発を見据えた調査を行った。

Computer Weekly日本語版 6月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 その報告書によると、エンジニアはAVに必要な技術はコストがかかり過ぎると考えている。AVのプロトタイプを開発している組織の大半は、そのプロトタイプを安全かつ安心で手頃な価格の製品に転換するのに悪戦苦闘しているという。

 Forresterは調査の中で機械学習と認知分野の1人のエンジニアにインタビューし、完全なAVはいつ頃利用可能になるかを尋ねている。「製品レベルのAVになるまで10年以上はかかる。その後も、AVが高級車に限られる期間が長く続くことは間違いないだろう」というのがその答えだ。

 Forresterのオンライン調査はAVを開発しているグローバル企業54社に対して行われ、22%の企業が部品のコストが高過ぎると考えていることが分かった。

 システムの信頼性も大きな懸念材料だ。調査に参加したエンジニアの3分の1は幾つか憂慮点を挙げている。

  • ソフトウェアの動作がどのような状況にも耐えられるものではないこと
  • 部品のコストが高いこと
  • AVシステムをサイバー攻撃から保護する必要があること

などがその例だ。

 SAE(Society for Automotive Engineers)はAVの進化を5段階で表現している。

 業界の目標はレベル5に到達することだが、Forresterがインタビューしたエンジニアの多くは、製品レベルのAVに必要なセンサー技術はまだ初期段階だと答えている。

 ある自動運転プログラムの責任者は、レベル4からレベル5に移るに当たっての課題をこう語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...