2018年11月16日 08時00分 公開
特集/連載

モバイル端末や印刷に潜むコンプライアンス違反のわなそんなところにデータが残っている?

PCやネットワーク、ファイルサーバにセキュリティポリシーを適切に適用している組織は多いだろう。だが、機密文書や個人情報は意外な所に保存されている可能性がある。

[Antony Adshead,Computer Weekly]

 多機能プリンタやスキャナーから従業員が携帯するモバイル端末まで、印刷とドキュメントキャプチャーが可能な機器は至るところに存在する。

 ドキュメントがキャプチャーされたり印刷されたりするたびに、機器のストレージやネットワークのどこかにその情報が残る。コンプライアンスの観点から、こうしたリスクに対処する必要がある。

 企業の印刷とドキュメントキャプチャー環境(モバイル端末も含む)に内在するリスクと、これをGDPRのリスク評価戦略に組み込む方法についてVigiTrustのCEOマシュー・ジョージ氏に話を聞いた。

──ストレージとコンプライアンスに関連して、印刷やドキュメントキャプチャーにはどのような懸念がありますか。

ジョージ氏:まずコンプライアンスとストレージの観点から、社内分散ネットワークの中でも印刷とドキュメントキャプチャーが見逃されていることを認識すべきだ。

 では印刷とドキュメントキャプチャーとは実際に何を指すか。基本的には、スキャナー、プリンタ、多機能プリンタ、複合機、カメラ付きモバイル端末を指す。こうした機器には有線ネットワークのものもあればワイヤレスのものもある。

 標準的な複合機を見ると、例えば印刷、スキャン、ファクスのスキャン、メールのスキャン、フォローミー印刷ができる。フォローミー印刷は数年前にHPが生み出した機能だ。

 ファクスのスキャンやメールのスキャンは、スキャンしたドキュメントをファクス機器やメールアプリに自動的に送信する。これを行うと、スキャンされたドキュメントがメールサーバにも自身のバックアップにも残る。

 フォローミー印刷は、クラウドまたはサーバのキューに印刷ドキュメントを送信し、必要に応じて別のオフィス拠点に転送してそこのプリンタで印刷できるようにするものだ。印刷ドキュメントはキューにあるので持ち運ぶ必要がない。

 つまりストレージとコンプライアンスの観点で見ると、一つのドキュメントが最終的には大量のバージョンになり、さらにはバックアップもされることになる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...