2018年11月13日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドホリスティックアプリケーションの台頭

ソフトウェアのコンテナ化、コンポーネント化、コンパートメント化のアプローチは、企業の顧客対応を向上させる助けになる。だがCIOには、さらに複雑な環境を管理するという課題が生じる。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 モノリシックアプリケーションの時代は死んだも同然だ。単一の層でソフトウェアを構築し、その中にアプリケーションロジックや分析機能、ユーザーインタフェース、ストレージリポジトリに対するサイロベースのアプローチを内蔵するという昔ながらの概念は、マイナーなケースにしか存在しない。今ではモジュール式の設計やオブジェクトベースのアプリケーションブロック、クラウドコンピューティング、マイクロサービスをベースとしたソフトウェア開発という、もっと動的なソフトウェア開発手法が存在する。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 動的なモジュール式ソフトウェア開発は、クラウドコンピューティングプラットフォームにおける常時接続型の継続的開発と継続的統合の世界に適している。

 モノリシックアプリケーションが1セットのエンドポイントと1セットのプロトコル、1セットのモニターとレポートの仕組みしか持たないのに対し、モジュール式のアプリケーションはエンドポイントやAPI接続、I/O(入出力)チャネルの種類が(ほぼ)無限にある。

 そうしたアプリケーションアーキテクチャはホリスティック(総体的:holistic)と定義される。すなわち、APIを使ったマイクロサービスの上に構築されて世界全体を見渡し、世界における自分の位置を認識する。

APIゲートウェイの可能性

ITmedia マーケティング新着記事

news097.jpg

商談内容を音声解析して営業効率化支援、博報堂DYホールディングスがシステム開発
博報堂DYホールディングスは、営業活動の状況を音声解析で把握するシステム「CONOOTO」...

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...