2018年02月09日 08時00分 公開
特集/連載

DevOps経験者を外部から調達してはいけないComputer Weekly製品導入ガイド

業界の一致した見解として、DevOpsとアジャイルはデジタル戦略の鍵を握る。だが、DevOpsを強化するために人材を外部から調達するのは思いとどまった方がいい。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 コンサルティング会社Hackett Groupは最近のベンチマーク調査報告書「Beyond world-class service: IT’s digital capability imperative」で、デジタル革命の実現を支援する技術としてDevOpsにスポットを当てた。

 「アジャイル、DevOpsおよび継続的開発モデルは、開発の加速と迅速なプロトタイプ作成、価値の増大が求められるデジタルビジネス革命に適している」。同報告書はそう指摘する。

壊れたDevOpsパイプラインの修復

 ただし多くの企業にとっては、そこに至ることが試練かもしれない。「テクノロジーをより速く、より効率的に届けるという約束は魅力的であり、DevOpsの導入を急ごうとする理由は分かる」。そう語るのは、Perforceの最高製品責任者ティム・ラッセル氏。「だが性急な行動は時として、手っ取り早い、あるいは最も簡単に解決できる道につながりがちだ。たとえプロセスの一部は改善したように見えたとしても、翻って重大な、だが意図しなかった後のコストや労力につながりかねない」

 自動車メーカーJaguar Land Rover(JLR)のソフトウェア開発マネジャー、クリス・ヒル氏は、ロンドンで開かれたDevOps Enterprise Summit(DOES 2017)の会場でComputer Weeklyのビデオインタビューに応じ、同社がDevOpsに関連して突き当たった問題について語った。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。