2019年11月27日 08時00分 公開
特集/連載

多くのタスクが自動化される自律型データベースでデータベース管理者の仕事はどう変わる?

Oracleがさかんにアピールする自律型データベースにより、多くの管理タスクが自動化される。それはデータベース管理者の失業を意味するのか。それともデータベース管理者の進化の始まりなのか。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 Oracleの自律型データベース機能によって、これまでDBAが実行しなければならなかった面倒な雑用の多くを自動サービスが代行する。そうした雑用には、データベースのパッチ管理、データベースのプロビジョニング、夜間に行う単調でつらい仕事など、開発者が通常業務で行う全てのデータサービス要求が含まれる。

 だがそれだけではない。DBAが通常行わなければならない仕事には、スキーマの作成、スキーマの管理、キャパシティープランニング(社内でのアプリケーションのニーズに応えるため、どのデータリソースをいつ利用できるようにするかを把握すること)などもある。パフォーマンスの管理や、データを必要に応じて移動する面倒な作業もある。

アーキテクチャ上の進化

 Oracle OpenWorld 2019でこのテーマを最初に話題にしたのは、Oracleでマスタープロダクトマネジャーを務めるマリア・コルガン氏だ。これによってDBAがプログラマーを中心とする輪の中に引き込まれることになる。

 その結果、古株のかわいそうな(あまり愛されていない)DBAにとっては、その職務が一層アーキテクチャ寄りになることを意味するとコルガン氏は説明する。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。