RDBMSはもう要らない? 多様化するデータ管理システムリレーショナルデータベースの限界(前編)

リレーショナルデータベースの役割がなくなるわけではないが、不向きな用途が増えてきたのも事実だ。多様化するデータ管理システムの特徴を理解しておこう。

2017年09月21日 08時00分 公開
[Bernt OstergaardComputer Weekly]

 今、従来のトランザクション型DBMS(データベース管理システム)を新しいアーキテクチャのデータベースシステムに置き換える企業が増えている。

 トランザクション型DBMSとは、データ追加/変更といった複数のトランザクションが同じデータに同時に集中したり、更新処理中に停電が発生したりしても、指定された順序通りに処理を安全に実行するものだ。

 そしてDBMSは通常、DBMSへのクエリ、更新、データ定義にSQLを使う。

 古典的なトランザクション型DBMSの有利な点として、データの独立性、効率的なデータアクセス、データの整合性とセキュリティ、データ管理、同時アクセス、クラッシュからのリカバリーなどが挙げられる。

トランザクション型DBMSの明らかな短所

 ただし、クラウドコンピューティング、ハイブリッドデータセンター、仮想化などの出現により、トランザクション型DBMSの欠点が露骨に目立つようになってきた。具体的な短所を以下に挙げる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...