2017年09月21日 08時00分 公開
特集/連載

リレーショナルデータベースの限界(前編)RDBMSはもう要らない? 多様化するデータ管理システム

リレーショナルデータベースの役割がなくなるわけではないが、不向きな用途が増えてきたのも事実だ。多様化するデータ管理システムの特徴を理解しておこう。

[Bernt Ostergaard,Computer Weekly]

 今、従来のトランザクション型DBMS(データベース管理システム)を新しいアーキテクチャのデータベースシステムに置き換える企業が増えている。

 トランザクション型DBMSとは、データ追加/変更といった複数のトランザクションが同じデータに同時に集中したり、更新処理中に停電が発生したりしても、指定された順序通りに処理を安全に実行するものだ。

 そしてDBMSは通常、DBMSへのクエリ、更新、データ定義にSQLを使う。

 古典的なトランザクション型DBMSの有利な点として、データの独立性、効率的なデータアクセス、データの整合性とセキュリティ、データ管理、同時アクセス、クラッシュからのリカバリーなどが挙げられる。

トランザクション型DBMSの明らかな短所

 ただし、クラウドコンピューティング、ハイブリッドデータセンター、仮想化などの出現により、トランザクション型DBMSの欠点が露骨に目立つようになってきた。具体的な短所を以下に挙げる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...