2017年09月21日 08時00分 公開
特集/連載

リレーショナルデータベースの限界(前編)RDBMSはもう要らない? 多様化するデータ管理システム

リレーショナルデータベースの役割がなくなるわけではないが、不向きな用途が増えてきたのも事実だ。多様化するデータ管理システムの特徴を理解しておこう。

[Bernt Ostergaard,Computer Weekly]

 今、従来のトランザクション型DBMS(データベース管理システム)を新しいアーキテクチャのデータベースシステムに置き換える企業が増えている。

 トランザクション型DBMSとは、データ追加/変更といった複数のトランザクションが同じデータに同時に集中したり、更新処理中に停電が発生したりしても、指定された順序通りに処理を安全に実行するものだ。

 そしてDBMSは通常、DBMSへのクエリ、更新、データ定義にSQLを使う。

 古典的なトランザクション型DBMSの有利な点として、データの独立性、効率的なデータアクセス、データの整合性とセキュリティ、データ管理、同時アクセス、クラッシュからのリカバリーなどが挙げられる。

トランザクション型DBMSの明らかな短所

 ただし、クラウドコンピューティング、ハイブリッドデータセンター、仮想化などの出現により、トランザクション型DBMSの欠点が露骨に目立つようになってきた。具体的な短所を以下に挙げる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...