2020年03月03日 10時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイド分断化されたセキュリティリスクを一元管理する方法

デジタル化の時代は組織に新たなリスクをもたらす。従ってセキュリティ対策も連携性を強化する必要がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/CYCLONEPROJECT

 高いレベルの相互接続性がもたらす恩恵に世界中の組織が目を向け始めている。デジタル化戦略は、同じ組織の分断されたサイロ間および外部パートナーとの関係の両方を横断しながら、ビジネスプロセスのボトルネック解消と切り離されていたプロセス間の橋渡し、さらには情報の自由な流れの実現を目標とする。

 ISACA Pune Chapterの元プレジデント、サンディープ・ゴッドボール氏が指摘する通り、技術は対照的な側面、すなわちチャンスとつながる世界のリスクという相反する2つの面を露呈させる。

 チャンスとリスクはさまざまな形で組織に影響を及ぼす。運用面に影響するものもあれば、戦略的影響を与えるものもある。「組織に深い影響を与えるチャンスとリスクをモニターして必要な行動を起こすことが求められる。チャンスをつかむためには、組織構造や技術能力、人材の育成、変化への対応を含む実現の手段を整える必要がある」とゴッドボール氏は指摘する。

 リスクに対応するためには、適切なセキュリティコントロールとリスクを回避するツール、プロセスの導入が必要だ。ゴッドボール氏は言う。「技術によって実現したつながる世界は、組織にリスクとチャンスをもたらす。従って、現代の組織ではセキュリティ対策が重要な役割を果たす。リスクに対応して適切な対策を講じることによって、組織は技術を活用できる。つまり、セキュリティは組織の戦略遂行を可能にする役割を果たす」

 Ovumが実施した調査によると、デジタルリスクに対応するためのアプローチは極めて幅広いことが分かった。Ovumの調査ディレクター、マキシン・ホルト氏は「新しいリスクはデジタル化を拡大した結果だ。ますますつながりが強まるこの世界において、リスク管理のニーズと能力は一つの組織の境界では終わらない」と語る。

 デジタルトランスフォーメーションがもたらすチャンスを無視あるいは阻止することは、情報セキュリティを機能させるための現実的な選択肢ではないとホルト氏は警告する。デジタルリスクは、組織が前進する際に取るべきリスクと同程度に「必須」だと同氏は言う。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...