2021年08月18日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 11」でなければダメなのか?Microsoftの思惑と現実

Microsoftが「Windows 11」にしたかった理由は理解できる。だがユーザー視点ではどうか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 Microsoftが「Windows 10」をアップデートする必要があると考えた理由は理解できる。Appleが「macOS」のハードウェアをIntelの「x86」からArmベースの「M1」に切り替えた結果、「Boot Camp」が使えなくなった。Boot CampはMacでWindowsを実行するためのデュアルブートオプションを提供するソフトウェアだ(訳注)。

訳注:Boot CampはIntel Mac(IntelのCPUを搭載したMac)が前提で、M1には対応していない。

 Microsoftは恐らく何かしなければと感じ、大きな動きを見せたのだろう。いずれにせよ、Windows 10がリリースされたのは6年前だ。

 Appleが自社のハードウェアとソフトウェアを重視するのに対し、MicrosoftはWindowsのオープン性を高める努力をしている。オープンソースデベロッパーズカンファレンスのこれまでの経緯を見ると、Appleのハードウェアはソフトウェア開発者にとって好ましいプラットフォームだ。macOSとBSD系のUNIXは共通点が多く(訳注)、これが開発者を引き付けているのかもしれない。

訳注:macOSは4.3BSDに由来するMachカーネルをベースに、ユーザーランドにもBSD系UNIXのコードが使われている。

よりオープンに

 ソフトウェア開発者をmacOSから引き離そうと、Microsoftはオープンソース技術の採用を着実に増やしている。GitHubを買収した。Windows 10用の「UNIX」シェルやWSL(Windows Subsystem for Linux)を用意し、開発者がWindowsでGNUやLinuxの環境を直接実行できるようにもしている。そこでは、何も変更せず、ほとんどのコマンドラインツール、ユーティリティー、アプリケーションを実行できる。

 こうしたオープン性の哲学は「Windows 11」でもさらに進められる。MicrosoftのCEOサトヤ・ナデラ氏はWindows 11を紹介するコメントの中で次のように述べている。「パーソナルコンピューティングには選択肢が必要だ。真の選択肢を提供するため、障壁を取り除きたいと考えている」

 Windows 10は既にArmをサポートしている。Windows 11では「Android」アプリを実行できるようになる。それが「Amazonアプリストア」で入手したアプリでも構わない。

 ナデラ氏は、インターネット用の次世代プラットフォームを構築する開発者を視野に入れ、Windows 11を開発者用プラットフォームと位置付けている。つまり、Microsoftはよりオープンな企業になる方向へ進みだす。ナデラ氏は、Windowsを開発者がやりたいことを制限しないプラットフォームにすることを目指している。

 例えば、開発者が独自のEコマースプラットフォームを「Microsoft Store」にプラグインできるようにしている。これにより、開発者は収入をMicrosoftと分け合う必要がなくなる。

 これらは素晴らしい追加だ。だが本当に別のOSが必要なのだろうか。Androidの最新OSはあまり大きな話題になっていない。「iOS」はAppleが新しい「iPhone」や「iPad」を声高に宣伝するための道具だ。だとすれば、Windows 11が半年周期のOSアップデートの次期アップデートに単純に組み込まれる可能性は残っている。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...