2021年09月02日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドストレージサービス選びにとって重要な指標クラウドストレージ選びの基本

クラウドストレージサービスの比較にストレージのスペックを単純に適用することはできない。クラウドならではの複雑性を理解し、重視するポイントを絞る必要がある。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]
iStock.com/Sitthiphong

 クラウドストレージは柔軟性が高く費用対効果も優れている。「Amazon Web Services」(AWS)、「Google Cloud Platform」(GCP)、「Microsoft Azure」のようなハイパースケーラーだけでなく、多くのクラウドプロバイダーが選択肢に入る。

 クラウドストレージサービスのパフォーマンスはどのように測ればよいのか。オンプレミスの場合、ストレージのパフォーマンスを追跡できるさまざまな指標が確立されている。クラウドではそれらが明確にならないことがある。

 クラウドストレージの比較と監視はオンプレミスのそれよりも難しくなる可能性がある。IT担当者は、ストレージパフォーマンスの従来の指標であるIOPSやスループットなどに加えて、コスト、サービスの可用性、セキュリティなども考慮する必要がある。

従来のストレージ指標

 ストレージの従来の指標(訳注)はクラウドにも当てはまる。

訳注:詳しくは「ストレージパフォーマンスの比較にとって重要な5つの指標」を参照。

 ストレージの「速度」については、スループットとIOPSという2つの主な測定値がある。スループットはデータ転送速度のことで、1秒当たりのバイト数で測定される。IOPSでは1秒当たりの読み書き数、つまり入出力(I/O)操作回数を測定する。

 ハードウェアメーカーは読み取り速度と書き込み速度を区別しており、通常は読み取り速度の方が速い。加えてシーケンシャル/ランダムも区別する。

 これらの指標はディスクの読み取り/書き込みヘッドの動き、フラッシュストレージにおける既存データの削除の必要性などの影響を受ける。実パフォーマンスの最善の指針はランダム読み取り/書き込みのパフォーマンスだ。

 HDDメーカーは、1分間当たりのディスク回転数(rpm)をスペックとして提示する。メインストリームのストレージには7200rpm、高品質のエンタープライズシステムには1万2000rpm、低パフォーマンスのハードウェアには5400rpmのHDDが使われる。この測定値はSSDには当てはまらない。

 IOPSは、HDDならば50〜200の範囲になる。SSDはパフォーマンスが大幅に高くなる。ハイパフォーマンスのSSDは理論上、2万5000以上のIOPSを実現する可能性がある。ただしストレージコントローラーやネットワーク、RAIDやキャッシュメモリなどのオーバーヘッドを考慮に入れると、実際の差は少なくなる。

 考慮すべきもう一つの重要な測定値がレイテンシだ。レイテンシは各I/O要求が実行される速さを表す。HDDの場合、レイテンシは10〜20ミリ秒になる。SSDの場合、レイテンシは数ミリ秒だ。レイテンシはストレージがアプリケーションをサポートできるかどうかを判断する重要な指標になることが多い。

クラウドの指標

 ストレージの従来の指標をクラウドに単純に適用できることはほとんどない。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...