2018年03月22日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10はIT部門が責任を放棄するチャンスCW:Windows 7サポート終了まで残り2年

業界の専門家は、口をそろえてWindows 10への移行を勧めている。Windows 10への移行はIT管理のパラダイムシフトを促し、「IT部門が責任を放棄するチャンスだ」という。しかし、IT部門の仕事は終わらない。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 IT部門の2018年の最優先事項はWindows 10への移行だ。Windows 7のサポートが2020年に終了するのに備えるためだ。

Computer Weekly日本語版 3月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 本誌Computer WeeklyがTechTargetと合同で実施した「IT優先度調査」2018年の結果が明らかになった。それによると、Windows 7の延長サポート終了まで2年を切り、調査に回答を寄せた企業の44%が2018年にWindows 10に移行する予定だという。

 この移行は、2018年の大きなプロジェクトの1つになる。移行後もアプリケーションが稼働することを確認する以外にも必要な作業がある。Windows 10の使用開始を機にデスクトップITの運用方法を変更するように、専門家はIT部門に促している。

 Microsoftは、アプリケーションがWindows 10でも動作するかどうかを確認するのに役立つ「Windowsアセスメント&デプロイメントキット」(Windows ADK)を提供している。このキットには、「Compatibility Administrator」というツールが含まれている。Windows 10でWindows 7環境をシミュレートする互換性モードで、レガシーアプリケーションを強制的に実行させることができる。

 ソフトウェア資産管理会社Flexeraの公式ブログに、Windows 10移行プロジェクトの複雑さに注目した記事がある。そこには次のような記述がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...