Windows 10はIT部門が責任を放棄するチャンスCW:Windows 7サポート終了まで残り2年

業界の専門家は、口をそろえてWindows 10への移行を勧めている。Windows 10への移行はIT管理のパラダイムシフトを促し、「IT部門が責任を放棄するチャンスだ」という。しかし、IT部門の仕事は終わらない。

2018年03月22日 08時00分 公開
[Cliff SaranComputer Weekly]

 IT部門の2018年の最優先事項はWindows 10への移行だ。Windows 7のサポートが2020年に終了するのに備えるためだ。

Computer Weekly日本語版 3月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 本誌Computer WeeklyがTechTargetと合同で実施した「IT優先度調査」2018年の結果が明らかになった。それによると、Windows 7の延長サポート終了まで2年を切り、調査に回答を寄せた企業の44%が2018年にWindows 10に移行する予定だという。

 この移行は、2018年の大きなプロジェクトの1つになる。移行後もアプリケーションが稼働することを確認する以外にも必要な作業がある。Windows 10の使用開始を機にデスクトップITの運用方法を変更するように、専門家はIT部門に促している。

 Microsoftは、アプリケーションがWindows 10でも動作するかどうかを確認するのに役立つ「Windowsアセスメント&デプロイメントキット」(Windows ADK)を提供している。このキットには、「Compatibility Administrator」というツールが含まれている。Windows 10でWindows 7環境をシミュレートする互換性モードで、レガシーアプリケーションを強制的に実行させることができる。

 ソフトウェア資産管理会社Flexeraの公式ブログに、Windows 10移行プロジェクトの複雑さに注目した記事がある。そこには次のような記述がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...