2019年11月01日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドハイパーコンバージド製品の選定・調達は地雷原

コスト削減とパフォーマンス向上を目的としたハイパーコンバージドインフラの導入方法について解説する。

[Stuart Burns,Computer Weekly]

 経験の少ない担当者にとって、ITの調達は常に地雷原のようなものだ。ハイパーコンバージドインフラ(HCI)でもそれは変わらない。だがHCIは、適切に導入すれば膨大なコスト削減につながる可能性を秘めている。

 コスト削減や性能向上を達成するためには、何を買うかだけでなく、想定されるワークロード(現在と将来的なニーズ)がどのように実行されるか、追加的な(場合によっては有料の)機能がどのように成否を左右し、調達プロセスに影響するかを理解しておく必要がある。

 単純に言うと、完全に同一のワークロードやビジネスニーズは一つとして存在しない。HCIサプライヤーが提供する(有料の)オプションは価格だけでなく、システム全体の性能や機能に多大な影響を及ぼす。

ハードウェア性能

 製品の中核となるベーシックな機能は大抵、どの製品でも変わらない。違いはハードウェア性能(ハードウェア構成の違い)や、そうしたレベルで提供されるソフトウェアのオプションにある。

 新規のHCI購入者に向けた最善のアドバイスは、セールストークや念入りに演出されたデモに目をくらまされてはいけないということだ。その製品が提供する主要機能に加えて、性能に関する最低限の条件を見極めることが最初の一歩となる。その条件をはっきりさせ、ビジネスとITのニーズを確実に優先させる必要がある。そうすれば、選定プロセスがやりやすくなる。

 いったんサプライヤーを選定したら、その後変更することは実質的に不可能になる。インフラを完全に入れ替えることになるため、相当のコストが発生するからだ。

オプションの検討

 HCIの調達を検討する理由として特に多いのが




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。