連載一覧

製造業の現場は、「5G」の導入によって大きく生産性が向上する可能性がある。既に進められている生産工程の自動化に加え、生産設備を監視するセンサーやAI技術を低遅延で接続することで、製造現場全体へと効率化の波が広がる。5Gが製造業をどのように変えることができるのか。具体的に紹介する。

「PagerDuty Summit 2019」にAdobeとUberのIT部門トップが登壇し、パネルディスカッションで、デジタルトランスフォーメーションがもたらす課題とイノベーションにおけるCIOの役割をテーマに語った。

AI技術を活用して業務を自動化する「インテリジェントプロセスオートメーション」は、「RPA」よりも複雑な業務プロセスを自動化できる。顧客対応や保険金請求の事例から、その用途とメリット、適切な導入方法を説明する。

無線ネットワーク技術の進歩に伴い、無線LANセキュリティプロトコルも進化している。代表的な3つの無線LANセキュリティプロトコル「WEP」「WPA」「WPA2」の概要と、それぞれの違いとは何か。

Intelが「3D XPoint」技術をベースにした「Optane」をはじめとした次世代メモリ製品に関する2020年のロードマップを公表した。IOPS性能をさらに高めた「Optane SSD DC」シリーズや、144層の3D NANDフラッシュメモリの投入を計画している。フラッシュメモリ技術の最新動向を追う。

企業のIT活用が進む中、社会的な行事に乗じたIT環境への攻撃によって、ビジネスに危害が及ぶこともある。東京2020大会を目前に控える日本企業が考慮すべきセキュリティリスクと、取り組むべき対策は何か。

「汎用人工知能」(AGI)の目標は、広範に及ぶ一般常識を備え、人と同じように振る舞える人工知能(AI)エンジンだ。それは本当に実現できるのか。

IT部門の人材不足が叫ばれて久しい。適切な人材を確保するためのアプローチとして、Home Depotは社内のIT従業員に向けたトレーニングに力を入れている。同社の事例から成功の秘策を探る。

医療機関のCIOの役割はどのように進化してきたのか。医療機関が人工知能やブロックチェーンなどの最新技術に注目すべき理由とは。30年以上にわたり医療機関の技術担当を務めてきたジェフリー・ブラウン氏に聞く。

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にとってデータの保護は欠かせない要素だ。その方法は、エージェントレスのバックアップと、エージェントを利用するバックアップに大別できる。どちらを使うべきかを見極めるヒントを紹介する。

分子メモリを活用したストレージの研究開発に取り組んでいる大学の研究チームが、記録密度を飛躍的に高めたストレージを開発できる可能性を見いだした。実用化は近いのか。

MACアドレスとIPアドレスは、どちらもネットワーク内のデバイスを識別するための番号だが、その役割は異なる。両者の違いと、両方が必要な理由を解説する。

「5G」には医療機関で役に立ちそうな特性が幾つかある。だからといって医療機関がすぐに5Gを導入し、利用を始めることは現実的なのだろうか。その答えを探るべく、5Gの基本的な仕組みと、5Gが最も大きく影響しそうな医療分野を整理する。

ビジネスインテリジェンス(BI)の進化形とも言える「拡張分析」は、何に役立つのか。データ準備、NLPベースのクエリ、自動洞察など、拡張分析の主な用途を紹介する。

3層型のインフラでもコンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラ(HCI)でもなく、「コンポーザブルインフラ」を選択する動きがある。コンポーザブルインフラは企業の間に広がるのだろうか。幾つかの事例から占う。

企業はセキュリティ分野の人材不足に直面しており、専門家は「この問題に簡単な解決策はない」と語る。解決するにはどうしたらよいだろうか。

BIベンダー各社は昨今、拡張分析に注力している。本稿では、データ準備、NLPベースのクエリ、自動洞察など、拡張分析の主な使用例を紹介する。

リアルな画像やディープフェイクを作り出せるGANの能力に対し、業界で懸念が強まっている。だが不安を乗り越えてGANを応用すれば、圧倒的に素晴らしい実用性を発揮できる。

単純作業を繰り返すために使われてきた自動化技術は、人工知能(AI)などの最新技術を組み込むことで、より複雑な業務を自動化できるようになった。インテリジェント化する自動化技術の現状を探る。

Googleのセキュリティチーム「Project Zero」が発表した「iOS」の脆弱性はどのようなものか。その概要と、取り組むべきセキュリティポリシー強化についてGartnerのアナリストに話を聞いた。

Googleのセキュリティチーム「Project Zero」が発表した「iOS」の脆弱性はどのようなものか。その概要と、取り組むべきセキュリティポリシー強化についてGartnerのアナリストに話を聞いた。

Windows管理者もLinuxシェルの「Bash」を使うことができる。ただしBashはWindowsの「PowerShell」を単純に置き換える存在ではない。両者はどう違い、どう使い分けるべきなのか。

Microsoftはメールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了日を、2020年1月14日から同年10月13日に延期した。いずれにしてもユーザー企業はこの日までに移行を済ませなければならない。クラウドサービスに移行するか、オンプレミスのままアップグレードするか。それぞれのメリットとデメリットを考察する。

無線LAN新規格「IEEE 802.11ax」のドラフト版に準拠した無線LAN関連製品が市場に出回り始めた。業界団体Wi-Fi Allianceの製品認証プログラム名称では「Wi-Fi 6」と呼ばれるこの規格。これまでの規格と何が異なり、移行時にはどのような点に注意すればいいのだろうか。

テキサス大学オースティン校のテキサス先端計算センター(TACC)は、研究者向けに「Ranch」という大規模なアーカイブシステムを運用していたが、それを支えるストレージの容量管理と運用スタッフ確保の問題に直面した。TACCがこれらの課題にどう取り組み、どのように解決したかを追う。

医療の分野では、薬事法の改正や3省3ガイドラインの制定など、PCやスマートフォンで動作するアプリケーションの利用を視野に入れた法制度が整備されつつある。これに伴い、人工知能(AI)やクラウドといった先端技術を取り入れた医療用アプリケーションの開発が進んでいる。本連載では、このような背景から生まれた医療機関向けアプリケーションを紹介する。

クラウドセキュリティで最も重要なリスクは社内に潜んでいる。サイバーセキュリティにおける人的要因を考慮することは、クラウド内の重要な資産を保護する方法を検討するための第一歩だ。

「NAND型フラッシュメモリ」の価格が下落することで、フラッシュストレージをより安く調達できるようになるのではないかと期待する人もいるだろう。だが、この2つの関連性はそれほど直接的ではない。どのように価格決定のメカニズムが動いているのか。市場関係者の話を基に整理する。

政府機関も一般企業と同じようにAIテクノロジーを利用し始めており、既に効率が向上したことを実感しているところも少なくない。実例を基に、政府機関によるAIテクノロジー活用の可能性を探る。

「Windows」デバイスと「Mac」の混在環境は管理が難しいと言われてきた。近年はMicrosoftやAppleがさまざまな管理ツールを提供するようになり、従来に比べれば便利になってきた。「System Center Configuration Manager」(SCCM)でMacも含めた幅広いデバイスを管理するなど、管理の方法は多くの選択肢がある。本連載はMacの管理についてさまざまなアプローチを紹介する。

米国はドローンの実用化に向けて、さまざまな技術革新や法規制緩和が進んでいるが、未解決の課題も少なくない。現状の技術的限界や法的制限といった課題を整理し、今後の展望を追う。

時代とともに無線LANを狙った攻撃手法が変化している。だが根本的な部分は、それほど大きく変わっていない。適切な対策を講じるため、依然として攻撃者が利用している攻撃手法を理解しておこう。

QLC方式のNAND型フラッシュメモリは、1個のメモリセルで4bitを保持でき、高密度のデータ保管を可能にする。ただし密度を高めている分、犠牲にしなければならない性能もある。どのようなアプリケーションであれば適しているのだろうか。

Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」のバックアップ手段は慎重に検討する必要がある。同社の「Azure Backup」を利用すべきか、サードパーティー製の製品/サービスを利用すべきか、あるいはその両方を組みわせて利用すべきかを考える。

データ分析の重要性が高まるに連れ、「エッジコンピューティング」が注目されるようになった。本連載は、企業の事例を基に、エッジコンピューティングが企業に何をもたらすのかを紹介する。

「SAP ECC」のサポート期限である2025年が迫っている。まだ「SAP S/4HANA」への移行を迷っている企業が、移行計画を立てるときに検討しておきたいポイントを説明する。

「Linux」にはグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)があるが、IT管理者はGUIだけに頼ってはいられないこともあるだろう。コマンドラインが苦手でも、幾つかのコマンドを覚えて活用すれば、Linuxをもっと便利に使いこなせるはずだ。基本的なコマンド83種をアルファベット順に紹介する。

「5G」はこれまでの移動体通信システムと何が違い、どのようなネットワークを実現できるのか。5Gを正確に知るために欠かせないキーワードを徹底解説する。

パブリッククラウドは多様化が進む一方で、共通する特徴を持つ。オンプレミスのITインフラとの比較を交えて、パブリッククラウドの主要な特徴を紹介する。

Looker Data Sciencesの買収により、Googleの「Google Cloud」で利用できる分析とBIの機能は強化されるだろう。BI分野において、Googleが大きな勢力になると予想される。

「5G」をプライベートネットワークとして利用する「ローカル5G」。移動体通信を自営のネットワークとして利用できることは、企業ネットワークにどのような可能性をもたらすのだろうか。無線LANのようなネットワークとの違いや、5Gの技術的な特性を基に考察する。

「5G」をプライベートネットワークとして利用する「ローカル5G」。移動体通信を自営のネットワークとして利用できることは、企業ネットワークにどのような可能性をもたらすのだろうか。無線LANのようなネットワークとの違いや、5Gの技術的な特性を基に考察する。

金融系企業がAI技術を使うと、これまで従業員や顧客に手入力を求めていたプロセスを自動化・効率化し、業務の速度を上げることができる。実例を基に、AI技術が金融業務にもたらす効果を示す。

臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースを乱立させてしまう「サイロ化」の問題が起きている。名古屋大学医学部附属病院はこの問題を解決するためにAmazon Web Services(AWS)を採用した。クラウドサービスで医療データを扱う際に配慮すべき法制度や規制を、同院はどのように解決したか。先進医学研究から地域医療まで、同院が取り組んでいるプロジェクトを紹介する。

フラッシュストレージの登場で一時はその必要性がなくなったかに見えた「ストレージ階層化」。皮肉なことに、フラッシュメモリがさらに進化することで、今またその価値が見直されている。さらにクラウドストレージの普及で階層化の対象が広がる中、ストレージ階層化によってストレージシステムがこれからどう変わるのかを考える。

適切な統合エンドポイント管理(UEM)製品があれば、「Windows 10」への移行の効率化に大きく役立つ。自社のUEM製品がWindows 10移行をサポートできるかどうか、確認すべき7つの項目を紹介する。

「5G」をプライベートネットワークとして利用する「ローカル5G」。移動体通信を自営のネットワークとして利用できることは、企業ネットワークにどのような可能性をもたらすのだろうか。無線LANのようなネットワークとの違いや、5Gの技術的な特性を基に考察する。

医療用のモバイルアプリケーション(モバイル医療アプリ)は、医療機関や患者、その家族にどのようなメリットをもたらすのか。利用に当たっては、どのようなセキュリティリスクに対処する必要があるのか。EASE Applicationsの「Electronic Access to Surgical Events」(EASE)を例に解説する。

アプリケーションをデバイスにインストールして使う従来型OSとは異なり、Webブラウザを介したWebアプリケーションの利用を中心とした「ブラウザOS」。Googleの「Chrome OS」で知られるブラウザOSは、企業にどのような価値をもたらし、どのような課題を抱えるのか。調査会社に聞いた。

Microsoftが2018年秋に発表した「Windows Virtual Desktop」の登場によって、仮想デスクトップインフラ(VDI)の市場勢力図に変化は起きるだろうか。本連載は、Windows Virtual Desktopの開発に関与したITベンダーNerdioのCEOに話を聞き、開発の背景や今後の市場動向について解説する。

2019年5月に公開された「Windows 10」の「May 2019 Update」(バージョン1903)には、新たなセキュリティ機能「改ざん防止」機能が加わった。その詳細に迫る。

企業のデータ流出が後を絶たない2019年。その7月中旬までの10大データ流出事件について、全3回にわたり振り返る。

病院同士、そして病院と薬局、介護施設、保険会社などとの間の情報連携を円滑にするために「電子健康記録」(EHR)は存在する。米国では、政府がこうした医療情報連携を推し進めるために、さまざまな支援策を提供している。本連載は、EHRを取り巻く基礎知識を整理し、あらためて「EHRを使うべき意義」を問い直す。

IaaSを契約する際には、責任、コスト、セキュリティなどの条件を包括的に理解し、納得することが重要になる。IaaSの契約締結時に確認すべきポイントを説明する。

機械学習をはじめとしたAIシステム用のハードウェア市場の一角に食い込むため、スーパーコンピュータや量子コンピュータの分野を強化するサーバベンダーの動きが活発だ。その動向を追う。

「5G」(第5世代移動体通信システム)の実用化が進み、インターネットに接続するデバイスはますます増えている。そうした現状の中、通信事業者が懸念するセキュリティリスクを理解し、通信の安全性を確保することが大切だ。

ネットワーク監視の技術として長年の実績がある「SNMP」。これはまだ健在だが、「ストリーミングテレメトリー」の方が高い性能を発揮する場合がある。それぞれの違いを解説する。

VMwareやCitrix、Microsoftなどの大手VDIベンダーに、コストの低さで勝負するVDIベンダーが充実し始めた。今回はこれらのベンダーのVDI製品から「flexVDI」「Parallels Remote Application Server」「AppliDis Fusion」を紹介する。

ホワイトボックスのネットワーク機器にはメリットがあるにもかかわらず、導入に二の足を踏んでいる企業が少なくない。本連載は、ホワイトボックスを活用したネットワークの利点や導入時に考慮すべきポイントを説明する。

「バッファオーバーフロー攻撃」を受けると、プログラムやプロセスの制御を攻撃者に奪われる恐れがある。本連載はバッファオーバーフロー攻撃の仕組みと対策について説明する。

クラウドサービスを利用して災害復旧(DR)の計画を立てるには、まず複雑な専門用語を正しく理解しなければならない。計画策定とベンダー選びの際に必ず目にすることになる用語を解説する。

AI技術の一つ、「コンピュータビジョン」が小売業界に導入されつつある。実際の利用例から、コンピュータビジョンのメリットを探る。

データの転送量で課金するクラウドサービスは少なくないが、ハイブリッドクラウドの場合、データの配置次第でそのコストが膨れ上がる恐れがある。ハイブリッドクラウドのコストを抑えるデータ管理の手法を説明する。

無線LANの進化はスループットの向上ばかりが注目されてきた。しかし「Wi-Fi 6」が注目される本当の理由はスループットではない。Wi-Fi 6の真価はどこにあるのだろうか。

機械学習などのAI技術とビッグデータを使用して、IT運用の業務効率を高める「AIOps」。本連載は、AIOpsがどのような用途で効果を発揮するか、事例と共に紹介する。

MicrosoftはIT管理者向けに、「Windows 10」のセットアップやアプリケーションのトラブルシューティングを楽にする、さまざまな支援ツールや機能をリリースしてきた。「Windows Sandbox」「Windows Autopilot」「Windows Admin Center」「セーフモード」といった、管理者向けの便利なツールのメリットを紹介する。

インディアナ大学が教職員と学生向けに仮想デスクトップインフラ(VDI)を構築した。同大学がVDIを構築・管理する上で直面した課題と、その解決策とは何か。VDIの構築を支援した担当者が明かす。

開発チームと運用チームが行動を共にすることで開発期間の短縮を目指す「DevOps」。その原則や行動様式をネットワークに取り入れるのが「NetOps」だ。具体的に、NetOpsとはどのようなものなのか解説する。

「Windows 10」には、年に2回新バージョンがリリースされる「半期チャネル」(SAC)と、2〜3年ごとに新バージョンが登場する「長期サービスチャネル」(LTSC)の2つのサービスモデルがある。本連載は「Windows 10 Enterprise」のLTSCバージョンである「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」の特徴とセキュリティ機能、管理機能について紹介する。

企業のIT環境は、クラウドサービスやモバイルデバイスの導入により散在化している。そうした変遷の中で「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)ツールが果たす役割とは何か。企業にIAMツールが必要な理由、導入時の注意事項を紹介する。

機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術は、膨大な電力を消費するという研究結果がある。この問題は企業のAI戦略にどのような影響を及ぼすのか、専門家の見解をまとめた。

クラウドのコストを削減するためには何が必要で、どのような落とし穴があるのか。戦略とベストプラクティス、思わぬコストがかかる原因を、具体的に説明する。

SD-WANの機能はテクノロジーの進化とともに変わり続けている。実際にSD-WANを導入した企業の事例を取り上げ、SD-WANによるネットワーク構築の利点を紹介する。

プログラミング教育に通じる学習教材として「Minecraft」が注目を集めている。これを教育現場に取り入れるヒントとして、東京都立三鷹中等教育学校、東みよし町立足代小学校、千葉大学教育学部附属小学校の活用事例を紹介する。

ERP製品の導入プロジェクトには、コストの超過やスケジュールの遅延が生じることが少なくない。本稿では、米マナティー学区が経験した大きな問題を紹介する。

「IEEE 802.11ac」準拠製品が大多数を占めた2018年の無線LAN市場は、新規格「IEEE 802.11ax」の台頭とともにどう変化するのか。無線LAN市場の現状と展望についてIDCのアナリストが語る。

Googleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)には、ビッグデータ分析に利用できるサービスが複数ある。GCPに含まれる10個のビッグデータ分析サービスの特徴を説明する。

スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」で、中国が米国を追い上げている。こうした中で、Arm製のプロセッサの存在感が高まる可能性がある。激動するスーパーコンピュータ市場の勢力争いを追う。

AIの学習用データを用意するときに重要なのは、量より質だ。本稿では実際の企業の事例から、質の高い学習データを集めるための方法について説明する。

Intel製プロセッサに見つかった脆弱性「Microarchitectural Data Sampling」(MDS)。セキュリティ研究者の話を基に、この脆弱性によってもたらされるリスクと、その対策を説明する。

IoTデバイスを適切に管理する手段を導入できているだろうか。「Microsoft Azure」にはIoTの利用シーンで必要になるさまざまなサービスを含む「Azure IoT」がある。IoTデバイスを管理する上で知っておきたい、Azure IoTのサービスを紹介する。

分散ストレージソフトウェアとして広く利用されている「Ceph」。その優位性はどこにあるのだろうか。類似のストレージソフトウェアと比較しつつ解説する。

クラウドERPはさまざまな企業から人気を集めているが、全ての企業に最適というわけではない。特に、規制の厳しい業界に属する製造業者や、管理やカスタマイズの能力を維持し続けたい製造業者にとってはオンプレミスERP製品の方が適しているケースもある。オンプレミスERPを選択するべき理由について考察する。

「SAP HANA」とはどのようなものか。組織でどのような役割を果たすのか。2010年の登場から約10年が経過した今、あらためて学ぶ。

企業が人工知能(AI)テクノロジーを正しく活用するには、どうすればよいのか。GoogleやBaiduでAI開発に携わってきた第一人者、アンドリュー・ウン氏が語る6つの推奨事項を確認しよう。

サイバー攻撃が日々巧妙化する中、医療機関は自らに適したセキュリティ製品によって、攻撃やデータ侵害のリスクを減らすことが重要だ。セキュリティ製品選定の際に医療機関が注目すべき8つの重要なポイントを紹介する。

製造業、小売、医療、物流などさまざまな業界で活用が期待されるモノのインターネット(IoT)。その実現にはIoTに必要な機能群を搭載した製品である「IoTプラットフォーム」が必要だ。製品選定のポイントを紹介する。

Appleは「WWDC 2019」の基調講演で、「iPad」専用OSの「iPadOS」と新しい「Mac Pro」を発表。加えて「macOS Catalina」や新しい「iOS 13」の機能、「watchOS 6」を発表した。それぞれの注目すべきポイントを紹介する。

AWS、Google、Microsoftは、パブリッククラウドの環境をオンプレミスに拡張する製品/サービスを強化している。この3大クラウドベンダーが、ハイブリッドクラウド環境を実現する方法をどのように提供しているのか解説する。

ネットワークを理解するには、どのような事業者がどのようなサービスを提供しているかを理解することが欠かせない。その上で押さえておくべき基本的な用語をまとめた。

製造業、小売、医療、物流などさまざまな業界で活用が期待されるモノのインターネット(IoT)。その実現にはIoTに必要な機能群を搭載した製品である「IoTプラットフォーム」が必要だ。製品選定のポイントを紹介する。

近年ではAmazon.comやFacebookで、人工知能(AI)システムによる差別的な判断が問題となった。AIシステムのバイアス(差別、偏見)を取り巻く現状と、バイアスを防ぐ方法について考える。

消費財メーカーの間で、人工知能(AI)技術を活用する動きが広がりつつある。Coca-Cola、PepsiCo、P&Gといった実際の企業の事例を交えて、活用の実態を説明する。

主要クラウドベンダーによるオンプレミス向けの製品が登場し、ハイブリッドクラウドの様相が変化している。どのような製品があり、何を実現できるのか、その製品動向を取り上げる。

コンテナの企業利用が広まるにつれ、それらを狙ったサイバー攻撃のリスクも高まる。あらためてコンテナとそれを操作するオーケストレーターについて理解し、保護のベストプラクティスを学ぶ。

SaaSベンダー各社が用意するサービス品質保証契約(SLA)の内容は、そのSaaSが自社のニーズを満たしているかどうかを判断するための重要な要素となる。SLAの内容を確認する際のポイントについて説明する。

「Siri」「Google Assistant」といった音声アシスタントに代表されるチャットbotは、コンシューマーのためだけの技術ではない。チャットbotが企業にもたらすメリットには、どのようなものがあるのか。前後編で紹介する。

「SAP HANA」にはワークフローの改善、意思決定支援、データ統合という3つの長所がある。SAP HANAを活用するためのヒントとして、医療ソフトウェアベンダーの利用事例や、企業でのさまざまなユースケースを紹介する。

自然言語を使って質問形式でデータ分析ができる「自然言語クエリ」機能を搭載したビジネスインテリジェンス(BI)ツールが次々登場している。そのメリットはどこにあるか。使い勝手や分析精度への影響など、自然言語技術がもたらす価値について考察する。

決済処理をはじめとする金融関連の業務に、人工知能(AI)技術を利用する動きが広がっている。AI技術がどのように使われているか、事例を基に説明する。

オンプレミスとパブリッククラウドの連携を重視したクラウドベンダーによる製品発表が相次いでいる。本連載では主要クラウドベンダー5社を中心に、ハイブリッドクラウド関連の製品を取り上げつつ、その動向を読み解く。

医療機関が人工知能(AI)技術を利用することで、治療の効果やスタッフの業務効率改善、患者の利便性向上につながる可能性がある。医療の現場でのAI技術活用例を、前後編にわたって紹介する。

マルチクラウドの採用が広がる中で、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の存在感が高まっている。Kubernetesの効率的な運用に役立つ「Kubernetes管理ツール」を紹介する。

超高速、低遅延、多数接続の特徴を持つ「5G」。4Gまでのネットワークでは解決できなかったリアルタイム性などの課題を解決し、未来を変える可能性がある。期待される分野の代表例が拡張現実(AR)、VR(仮想現実)だという。それはなぜなのか。

IT担当者自身がセキュリティ対策を重視していても、経営層や現場に危機感がなくスムーズな承認が得られないことは往々にして起こりがちな問題です。特に中堅・中小企業の場合、経営層が「うちみたいな小さな会社は狙われない」という誤解を抱いているケースも珍しくありません。「明日はわが身の問題」だと理解するために、身近な情報セキュリティの問題と具体的な対策について解説します。

パブリッククラウドの利用が広がる中でも、依然としてプライベートクラウドへの需要は根強い。ただしプライベートクラウドの構築、運用は決して簡単ではない。投資を検討する際に知っておくべきポイントは。

深層学習をはじめとするAI技術をセキュリティ対策に活用する動きが広がっている。だが専門家は、AI技術には限界があると警鐘を鳴らす。先駆的なユーザー企業やベンダーの声を基に、AIセキュリティ製品のメリットと課題をあぶり出す。

Windows 10に新たに加わった「Windowsサンドボックス」とは、どのような機能なのだろうか。どうすれば利用できるのか。簡潔に紹介する。

映像をコミュニケーションに生かすべく、カリフォルニア州立大学ではWeb会議システムを導入して学生と教職員のつながりを深め、連携性の高いキャンパスを生み出している。同校CIOの話から、製品選定の背景や具体的なメリットを探る。

高性能だが高価格が普及のハードルとなっていた「Pixel」シリーズのスマートフォン。カメラを中心に主要機能の高性能さは維持しつつ、手に届きやすい価格帯にした「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の登場は、こうした状況を大きく変える可能性がある。企業での導入や活用を踏まえて、その実力を検証する。

開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」で、MicrosoftはWebブラウザ「Microsoft Edge」の新機能を発表した。企業利用に役立つ機能を充実させ、企業へのEdgeの浸透を図る。主要な新機能を前後編にわたって紹介する。

2018年に登場した「COBIT 2019」は、従来の「COBIT 5」と何が違うのか。「COBIT」そのものについておさらいした上で、COBIT 2019の主要な変更点を紹介する。

医療データのバックアップ手段の一つに「クラウドバックアップサービス」という選択肢がある。クラウドバックアップサービスの仕組みと、こうしたサービスで医療データを保護する際のメリット、注意点について詳しく説明する。

世界初のブラックホール観測。その成功には、P(ペタ)B級の電波信号のデータを捉え、保存・処理し、バックアップする手段が必要だった。それはどのようなものだったのか。

ベンダー各社はAR/VR技術と、その映像を表示するヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用したビジネス向け製品を充実させつつある。これらの中から、業務効率化や顧客のUX向上を目指した製品を説明する。

企業におけるAI(人工知能)技術の導入は複雑なプロセスになることがある。企業がこれを乗り越えるために取るべき手段とは何だろうか。

CIO(最高情報責任者)は会社に変革を起こすために、どのような役割を果たすべきなのか。チェンジメーカーになるための条件とは。専門家の声から、新たなCIOの在り方である「変革型CIO」の実像を明らかにする。

学びの場としての大学をより良くするためには、キャンパスを快適な環境に保つことが欠かせない。大学の設備運用における課題と、それを解決するためのIoT(モノのインターネット)技術を紹介する。

AWS、Microsoft、IBMといった大手ベンダーから新興ベンダーに至るまで、データウェアハウス(DWH)に注目する動きが広がっている。背景には何があるのか。各社の動向と導入事例から読み解く。

AI技術を組み込んだセキュリティツールは、なぜ必要なのか。企業にどのようなメリットをもたらすのか。簡潔に紹介しよう。

最適なアプリケーション仮想化技術や製品の選択は、悩ましい問題だ。さまざまな選択肢を吟味し、自社に最適な技術/製品を見極めよう。

モバイルデバイスだけでなく、PCやIoTデバイスまで幅広いデバイスを統合管理する「統合エンドポイント管理」(UEM)製品。その主要ベンダー/製品と、類似の製品分野との違いを簡潔に説明する。

「iPhone」登場から11年がたった。だがIT管理者は今も「CYOD」(Choose Your Own Device)戦略に苦慮している。その背景には何があるのか。

企業向けのストレージとして長らく主役だったHDDは、その立場をSSDに譲ろうとしている。だがHDDが市場から消えるとは言い切れない。技術的な進化の方向性や、HDDが依然必要とされる市場を読み解く。

2024年初頭にISDNの「ディジタル通信モード」が終了となる。「ISDNのデータ通信が終了」または「固定電話のIP網移行」といった言葉を目にした読者もいるだろう。ISDNはEDI(電子データ交換)においても通信回線として広く利用されており、自社のEDIが要件に該当していた場合は何らかの対処が必要となる。この連載は、ISDNデータ通信の終了がEDI利用にどのような影響があるか、今後の移行に当たって対策すべきポイント、新システム選定のコツなどについて解説する。

適切なコストで、エンドユーザーにとって快適な仮想デスクトップを提供するために、企業が取り得る手段が仮想デスクトップの最適化だ。どのようなメリットがあり、どのような支援ツールがあるのかを解説する。

AWS、Microsoft、Googleのクラウドベンダー各社は、2018年に引き続き2019年もハイブリッドクラウドへの取り組みを強化すると考えられる。ただしベンダー各社の戦略には重要な違いが幾つかある。

ゲーム「Minecraft」関連サービスのサーバと企業のデータベース管理には、コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」の管理方法において意外な共通点がある。サービスの持続性を保つための管理方法とその課題、今後の機能拡充の方針について述べる。

拡張現実(AR)が役立つのはエンターテインメントの世界だけではない。ビジネスにARを生かそうとする動きは、着実に広がっている。製造業でもそれは例外ではなく、既に大手企業の間で具体的なメリットを得るべく取り組みが進んでいる。製造業にARがもたらす可能性と限界を探る。

大規模企業や中規模企業を中心に導入が進んできた「SDN」が、小規模企業のネットワーク環境への浸透を目指して変化しつつある。SDNに何が起きているのか。小規模企業がSDNの導入で得られるメリットとは何か。詳しく解説する。

フラッシュメモリベースのストレージに最適化された高速インタフェース規格の「NVMe」。せっかくNVMe準拠のストレージを導入しても、使い方によってはパフォーマンスを十分に引き出せない可能性がある。その理由と解決策に迫る。

昨今、さまざまな分野で対話型の学習教材を提供するWebサービスが登場している。プログラミング言語学習サイト「Educative」の開発者に、対話型学習ツールの現状や課題、学習者・指導者へのアドバイス、今後の展望などを聞いた。

メールセキュリティに関する5つの主な問題を取り上げる。フィッシング攻撃からアカウント乗っ取りまで問題はさまざまだ。セキュリティ担当者は警戒を怠らずに対策を考えておく必要がある。

IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器の開発・提供が進んでいる。こうした中 、従来では想定できなかった新しい課題や、実用化へのハードルも明らかになりつつある。本編では、IoTとAI技術を活用した医療機器と、これらの新しい技術を取り巻く状況について詳しく説明する。

ITの分野では絶え間なく新技術が登場し、今までにない製品分野が生まれ続けている。こうした新たな製品分野は何を可能にするのか。どのようなメリットがあるのか。新人IT担当者に向けて分かりやすく解説する。

パート、アルバイト、正社員など、社内で働く全てのメンバーが利用する勤怠管理システムは、一度導入したら他のシステムに変更するのはなかなか大変だ。だからこそ、できるだけ多くの方が、自社にぴったりの勤怠管理システムに出会えるよう、この連載を進めていきたい。

学校の授業にITは役立つのか。もし役立つとすれば、ITは授業や教員にどのような影響をもたらすのか。ITを活用した受験勉強で東京大学に合格した現役教員の話から、ITの可能性と、IT時代の授業の在り方を考える。

先駆的なIT活用を進める教育機関は、どのような取り組みを進めているのか。ITの普及とともに重要性が高まるセキュリティの脅威には、どう対処しているのか。現場の教員とIT専門家との座談会から探る。

教育機関に役立つIT製品には、どのようなものがあるのか。本連載では急速にIT化が進む小中学校の授業でのIT活用に焦点を絞り、幾つかのカテゴリーに分けて、授業に役立つ主要なIT製品分野を紹介し、各IT製品分野の選定ポイントをまとめる。

人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。Amazon、Baidu、Clouderaなど、主要な18社を紹介する。

教育機関のIT活用が珍しいことではなくなり、プログラミング教育を初めとする新たな教育課題が生まれる中、これからの教員はこうした状況にどう向き合うべきなのか。教育IT先駆者の声から探る。

適切なセキュリティ製品を導入するにも、必要な予算が獲得できなければどうしようもない。だが足元を見ると、十分なセキュリティ予算が確保できている企業はむしろ少数派だ。世界的に見ても、国内企業はセキュリティ予算の獲得に苦慮しているという。その背景には何があるのか。そもそも「適切なセキュリティ予算」とは、どのように考えればよいのか。必要なセキュリティ予算を確実に確保するには、また限られた予算内で必要なセキュリティ対策を進めるにはどうすべきか。具体的に解説する。

Windowsの情報はさまざまなところから発信されている。Microsoft以外にも関連フォーラムや業界のうわさなど無数の情報が飛び交っており、整理するのも大変だ。本連載ではコラム形式でWindowsの気になる情報をまとめた。情報収集に役立ててほしい。

「Windows 10」を便利に使い、管理するためのちょっとしたノウハウや、知っていると得するテクニックをまとめた。

教育機関の間でIT活用の動きが広がる中、これから教職に就く教員志望の学生はITについてどう考え、どう活用しようとしているのか。IT活用を推進する教育者チーム「iTeachers」と、教員志望の現役大学生による座談会から、その答えを探る。

ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし10Gbps級ネットワークの普及は遅れている。その原因と克服への挑戦を追う。

ソーシャルエンジニアリングやキーロガーなどの手段を駆使して通常の業務のやりとりを模倣し、不正に送金処理をさせる「ビジネスメール詐欺(BEC)」。海外を中心に被害が広がり、国内企業にも拡大する可能性がある。BECとはそもそも何なのか。企業にどのような被害をもたらすのか。具体的な対策はあるのか。詳しく解説する。

IT製品の選定や活用に失敗しないために、教育機関が注意すべきポイントとは何か。基礎から解説する。

欧州連合(EU)で2018年5月に適用開始となる「EU一般データ保護規則」(GDPR)。欧州の規則だからといって、国内企業にとっても決して“対岸の火事”ではない。それはなぜなのか。必要なシステムとは。IT部門が知っておくべきGDPRの基礎知識と対策を示す。GDPR対策のガイドラインとして活用していただきたい。

タブレットや電子黒板を導入した教育機関は、その導入予算をどのようにして確保したのか。成功例を基に、そのこつを探る。

 ほとんどの企業が使っている表計算ソフト「Microsoft Excel」(以下、Excel)。便利なツールですが、本来の目的を超えて“使いこなし過ぎる”ことが、かえって業務効率を低下させてしまったり、業務の属人化につながってしまったりする場面があるのではないでしょうか。  このコラムでは、日常業務でよく見掛けるExcelの活用例を紹介しながら「こんな場面は脱Excelを考えた方がよい」「こういうExcelの活用法はお薦め」といった知見を紹介していきます。

包括的なクラウドセキュリティ対策を可能にする「CASB」が登場し、近年選択肢が急速に充実し始めた。なぜCASBは生まれたのか。既存のセキュリティ対策と何がどう違うのか。どのような視点でCASBを選ぶべきなのか。詳しく説明する。

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

大量のトラフィックを発生させてシステムを停止に追い込む「DDoS攻撃」。その現状はどうなっているのか。求められる対策とは。DDoS攻撃の傾向と対策を示す。

セキュリティ対策の課題解決に向けて、人工知能(AI)を活用する動きが活発化し始めた。そもそもなぜAIが必要なのか。セキュリティ対策にどう生かすのか。動向を整理する。

個人だけでなく企業にも影響が広がる身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の脅威。ランサムウェアとは何者なのか。企業はどう対処すべきなのか。詳しく解説する。

教育や学習活動から生まれる教育ビッグデータを生かす「ラーニングアナリティクス」。その実態を明らかにする。

サイバー攻撃などによる被害を補償する「サイバーセキュリティ保険」。その補償内容はどうなっているのか。最新の動向は。徹底解説する。

日本の教育機関が今、IT活用やIT教育への注力を迫られているのはなぜなのか。海外の動向にも触れながら、その背景を探る。

インターネットとLANを分離する「ネットワーク分離」が再び脚光を浴び始めた。その背景には何があるのか。実現の具体策は。徹底解説する。

情報セキュリティ対策をしたくても、ITに詳しい人が社内外にいなくて困っている中堅・中小企業は多いのではないでしょうか。「知識不足」と「ヒト、モノ、カネ不足」の問題が目の前にあっても、対策は待ったなしの状況。予算を握る上司を説得するために、サイバー攻撃の事例を紹介しながら、その効果的な対策につながる情報セキュリティ製品を分かりやすく解説します。

本連載ではTechTargetジャパンの読者である情報システム部門の読者に対して 、中堅・中小企業におけるテレワークの導入をテーマに、ICT以外も含めた包括的な情報をお届けする。「日本の現状」「企業事例」「導入までのプロセス」「労務管理上の留意点」「行政の支援制度」「関連製品/サービス」と、全6回の連載で各項目を解説する。

クラウドサービスを中心とするオンラインサービスの普及やID/パスワード認証の“限界”が、企業の認証システムに見直しを迫る。認証に関する現状の課題を整理し、具体的な解決策を追う。

先駆的なIT活用校で、ITを日常的に活用している大学生と教員。それぞれの視点から活発な意見が交わされた教育IT座談会の様子をレポートする。

「ビッグデータ」「機械学習」といった技術の活用で、セキュリティ対策の在り方はどう変わるのか。技術や製品分野の変遷を振り返りながら、その実像を探る。

エンドポイントセキュリティを取り巻く動きが活発化している。その理由とは何か。ベンダーはどう動き、どのような製品/技術を世に出し始めているのか。徹底解説する。

当連載はエンタープライズ、中でもベンダーの協力を得てOpenStack環境を構築しようと検討しているユーザー企業を対象に、「どのような観点でベンダーを選定し、協力関係を作り上げ、活用するか」をテーマに、実践的な情報をお伝えしたい。主な対象は、OpenStackそのものを提供するディストリビューションやアプライアンスである。

当連載はエンタープライズ、中でもベンダーの協力を得てOpenStack環境を構築しようと検討しているユーザー企業を対象に、「どのような観点でベンダーを選定し、協力関係を作り上げ、活用するか」をテーマに、実践的な情報をお伝えしたい。主な対象は、OpenStackそのものを提供するディストリビューションやアプライアンスである。

セキュリティ関連の法制度の趣旨に基づき、実現すべきセキュリティ対策はどのようなものか。マイナンバー、個人情報全般、その他の機密性の高い情報について、セキュリティ対策の勘所を示す。

本連載ではパブリッククラウドのネットワークにフォーカスし、主要クラウドサービスの仕組みや特徴、料金を比較する。

日本年金機構の大規模情報漏えい事件をはじめ、国内組織を狙った「標的型攻撃」が相次いで明るみに出ている。標的型攻撃の実態はどうなっているのか。組織が取るべき対策とは何か。徹底解説する。

ネットワーク機器の基礎的な技術と機能について説明してきた「新人IT担当者のためのネットワーク機器入門」。今回からは最近の製品トレンドをおさえつつ、機器選定のポイントを説明していきます。

既知の脅威を前提としたセキュリティ対策が限界に直面する中、未知の脅威への対処をうたう「サンドボックス」への注目度が高まりつつある。その可能性を探る。

あるときは月額料金制のMicrosoft Office、あるときはクラウドメールサーバ、またあるときはグループウェア……。さまざまな顔を持つOffice 365。まずは機能の概要をおさらいします。

操作性や教育系アプリの充実度から、教育機関の支持を集めるiPad。その運用管理やセキュリティ対策はどう進めるべきなのだろうか。先駆的なiPad活用校のキーパーソンが徹底議論する。

ID/パスワード中心の認証システムが岐路に立っている。パスワード撤廃を視野に、認証の仕組みを根本的に見直す機運も高まるが、実現は容易ではない。企業が目指すべき認証の在り方とは何か。その具体策を探る。

教育機関がIT製品を導入する際、どのような点に気を付けて製品選定を進めればよいのか。製品分野の基礎知識をおさらいしつつ、製品選びのポイントを伝授する。

Amazon Web Services(AWS)に関する最新記事はこちら
Amazon Web Services(AWS)