2021年04月09日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoftがプログラミング言語「Rust」への支援を強化「Microsoftも貢献しなければならない」

MicrosoftではRustの利用が増大しており、「Microsoftも貢献しなければならない」という決断に至ったという。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/Prostock-Studio

 Microsoftは「Rust Foundation」に創設メンバーとして参加している。

 Rust Foundationはプログラミング言語「Rust」とそのエコシステムの支援、Rustのメンテナンス貢献者のサポートを目的とする独立組織で、Rustのパフォーマンス、信頼性、生産性の向上に寄与する。

 Microsoftのネル・シャムレル=ハリントン氏(プリンシパルソフトウェアエンジニア)はRust Foundationの理事も兼任する。

 シャムレル=ハリントン氏はMicrosoftの「Open Source Blog」で、魅力的なプログラミング言語としてのRustとの出会いに触れ、オープンソースプロジェクト、中でも特に言語エコシステムはユーザーと貢献者のコミュニティーに負けず劣らず強力であるべきだと論じている。

 「オープンソースのソフトウェアと言語は、Microsoftにとってもテクノロジー業界全体にとっても非常に重要だ。その重要性はRustのようなシステムプログラミング言語に特に当てはまる。MicrosoftにおけるRustの利用が増えるにつれ、このオープンソースソフトウェアを利用するだけでは不十分だと認識した。Microsoftもこれに貢献しなければならない。Rust Foundationに参加したのは、Microsoftがこのプロジェクトを財政的に支援し、プロジェクトに貢献してRustコミュニティーとより密接に関わるためだ」と同氏は書いている。

 Microsoftは新たにRustチームを結成し、エンジニアリングの取り組みでRustエコシステムに貢献している。さらにコンパイラ、コアツール、ドキュメントなどの開発分野でRustコミュニティーに協力することを想定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...