2021年04月09日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoftがプログラミング言語「Rust」への支援を強化「Microsoftも貢献しなければならない」

MicrosoftではRustの利用が増大しており、「Microsoftも貢献しなければならない」という決断に至ったという。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/Prostock-Studio

 Microsoftは「Rust Foundation」に創設メンバーとして参加している。

 Rust Foundationはプログラミング言語「Rust」とそのエコシステムの支援、Rustのメンテナンス貢献者のサポートを目的とする独立組織で、Rustのパフォーマンス、信頼性、生産性の向上に寄与する。

 Microsoftのネル・シャムレル=ハリントン氏(プリンシパルソフトウェアエンジニア)はRust Foundationの理事も兼任する。

 シャムレル=ハリントン氏はMicrosoftの「Open Source Blog」で、魅力的なプログラミング言語としてのRustとの出会いに触れ、オープンソースプロジェクト、中でも特に言語エコシステムはユーザーと貢献者のコミュニティーに負けず劣らず強力であるべきだと論じている。

 「オープンソースのソフトウェアと言語は、Microsoftにとってもテクノロジー業界全体にとっても非常に重要だ。その重要性はRustのようなシステムプログラミング言語に特に当てはまる。MicrosoftにおけるRustの利用が増えるにつれ、このオープンソースソフトウェアを利用するだけでは不十分だと認識した。Microsoftもこれに貢献しなければならない。Rust Foundationに参加したのは、Microsoftがこのプロジェクトを財政的に支援し、プロジェクトに貢献してRustコミュニティーとより密接に関わるためだ」と同氏は書いている。

 Microsoftは新たにRustチームを結成し、エンジニアリングの取り組みでRustエコシステムに貢献している。さらにコンパイラ、コアツール、ドキュメントなどの開発分野でRustコミュニティーに協力することを想定している。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...